« マンガライ駅は古い | トップページ | de-be-de- »

2013年11月29日 (金)

河合楽器の音楽スクール

ジャカルタ新聞に記事が出ていたが引用すると「河合楽器製作所はインドネシアに海外で初となる直営の音楽教室を開講した。現地では日本に次ぐ生産規模のピアノ工場を稼働するが、国内向け販売台数はまだ少ない。教育熱が高まる中間層の需要を取り込むと同時に、ピアノの拡販にもつなげたい考え。3年後には生徒数を12 倍に増やす計画だ。 教室はジャカルタ西部郊外のバンテン州タンゲランの新興住宅地アラム・ストラに設けた。」
00dsc_0160


と言うものであったが小生はいつも南のガンダリアに下る途中の河合楽器の建物があったのが頭にあったのでこのニュースには新規さはなかった。
と言うのはその建物は妙にきらびやかに飾り建てられて子供の音楽教室を連想していたからである。
00dsc03228


そしてその写真を探したのであるが通行人が邪魔したりでいい写真はなかったので、わざわざ写真を取りに出掛けた。昔とった写真も序でに掲げておこう。

|

« マンガライ駅は古い | トップページ | de-be-de- »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/54090001

この記事へのトラックバック一覧です: 河合楽器の音楽スクール:

« マンガライ駅は古い | トップページ | de-be-de- »