« 2013年10月 インドネシア投資環境トピックス | トップページ | チョンデットのサラック »

2013年11月20日 (水)

大都会の中の田舎道

00dsc_0132


朝の空気はすがすがしくて気持ちがいい。狭い道ながら、朝の木漏れ日が優しく降り注ぐこの道は未だ誰も通っていない。雨季ではあるが左手の小川は今は枯れているのか。

00dsc_0165


少し大都会側に寄ると、鶏も道に出てきて人々の活動も始まる筈であるが、大の男は仕事も無く又ぼんやりの1日になるのであろうか。 


00dsc_0136


もうひとつ先の道はバナナ林の中で道をなしていないが少し煙ってきたようだ。こうして左側だけの車窓から見て行くと会社の通勤も楽しいが、

00dsc_0139


更に進んで次の道に差し掛かった所でさっき歩いていたオフイス・レディが追いついてきた。彼女の歩行と同じスピードなのであった。相変わらずマスクで埃塵を防いでいるので相当の渋滞と喧騒が出て来たのであろう。

ジャカルタは世界一の渋滞に泣いているがジャカルタ第一の大通りの裏には未だこのような道があり、奥は放置されている。スハルトの時代ならいくらでも開いていたであろうしその強権でいくらでも道を描くことができたのと思う。そう思った時でも世の中に手遅れはない。

注:本当は2枚目の写真が最後の写真で最後の写真が2番目であるが編集の都合で入れ替えた。

|

« 2013年10月 インドネシア投資環境トピックス | トップページ | チョンデットのサラック »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大都会の中の田舎道:

« 2013年10月 インドネシア投資環境トピックス | トップページ | チョンデットのサラック »