« コタの北駅 | トップページ | V2はもうないのか »

2013年12月23日 (月)

日本の生保が席巻 Nillmijのビル

今月は日本の生命保険会社がインドネシアの生命保険会社を買収したというニュースを聞いて少し混乱した。と言うのはこの買収した会社は住友生命と第一生命であり、どちらもインドネシアの大手を それぞれ40%を買収したと言うものである。住友清明はBNIライフであり、第一生命はパニンライフであるが、昔、他の日本の大手を連れてインドネシアトップのJIWASRAYAを訪問した事があり、感慨一入である。
Gdbni


と、言うのはBNIライフと言うのは1996年設立ながら当初Jiwasraya との合弁だった経緯があり、この報道「Tentang BNI Life」に添えられている会社のビルはJiwasrayaがオランダから接収したNillmijという戦前のオランダの生命保険会社の古いビルであったからだ。
Collectie_tropenmuseum_kruispunt_me


その古い写真に現代の風景を合成しているようでロケーションを判読しても不明で、この写真の出どころのオランダのTropenMusiumの説明ですら不明としている。

00dsc_0714

住友生命のプレスリリースではBNI Lifeは保険料収入106億円、税前利益 6億円、支店45、従業員405名とある。本店はDukuh Atasの例のランドマークビルでビル上の方に BNIの新しいロゴと共にBNI Lifeと表示され、このビルもBNI Life Towerと言うから驚きである。 これからのビルのは間違いない。 第一生命は別途機会を搜そう。

|

« コタの北駅 | トップページ | V2はもうないのか »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/54357802

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の生保が席巻 Nillmijのビル:

« コタの北駅 | トップページ | V2はもうないのか »