« 国内交通が本当の要注意 | トップページ | アダム・マリック家 再録・追加 »

2014年2月12日 (水)

マー君も24時間かけてNYへ

一人でも欠航を決行しようと思ったのは今回の大雪下のガルーダだけでなく、つい昨年10月1日も「巨大台風下のガルーダ」であったが、着いた成田の空は共に災害一過の青空であった。繰り返しになるが問題は国内で、ガルーダが時間調整した45分と、のんびり何時までもどこまで行くのか解らないような成田での着陸後のタクシーイングが45分、ジャカルタから成田までは7時間強の飛行時間なのに成田から自宅までは8時間、そう言えば昨日NYに飛び立った田中将大君は成田からNY迄12時間、楽天仙台から成田迄も12時間だった。昨日の11時ごろになっても今日のTVでは成田から来る湾岸線で小生自宅に近い出口辺りも渋滞が続いていたが、ラジオを含め何の情報も得られない人達の怒りを報道していた。メデイアの報道は災害対処に意味は無く、事後ストーリーが多い。このブログも2日遅れであるが。。追加情報も無くそのままブログへ。

|

« 国内交通が本当の要注意 | トップページ | アダム・マリック家 再録・追加 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マー君も24時間かけてNYへ:

« 国内交通が本当の要注意 | トップページ | アダム・マリック家 再録・追加 »