« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の投稿

2014年2月28日 (金)

ブロックMスクウエアー裏のFavehotel

00dsc_0124


ファヴェ・ホテルがブロックMに開業したニュースがあった。この2月25日にオープンしたが、そう言えば昨年11月に建設中のこのホテルを写真に収めていた。ブロックMといえばニュースでは何故かリトル・トーキョーと命名されているがこのホテルはブロックMスクウエアーの裏側のどちらかと言うと暗い通りなので日本人でここに出没する人はないが小生は偶々その隣にグラメディア書店があったので来たのである。

00dsc_0125

しかしこの書店はその時既に閉鎖されていたが残念である。前のスクウエアーには古本フローアがありグラメディアには楽器部門もあるからである。閉鎖でなくリノベならいいのだが。ファヴェホテルはワヒッド・ハシムにもあり此方は以前ブログしたが


00ancol_kemayoran_016他にプルイット・ジャンクションやクマンにもあるビジネスホテルである。みんな通りがけにカメラに収めている。

(追): ここMelawaiのFavehotelはジャカルタでは8番目のホテルで101室あるが、Speed Wifiや革新的レストラン、24時間軽喫茶を用意しているという。ファヴェホテルは既にマレーシアやフイリピンで40ホテル持っており更にここ2年で30ホテルを追加するという企画だ。インドネシアでは“Indonesian Best Budget Hotel Chain Award”賞も得ている。 オペレーター(Owner?)はArchipelago International hotelsで、Grand Aston, Aston, Aston City, Alana, Harper, Quest, favehotels, NEO 及び Kamuelaを運営していると言う。これだけの企業だがその名前は小生には初めての名前である。はたして何ものだろうか インドネシアの企業なら何かが急速に動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

Under the Greenwood Tree

Bogor_07_021


City Center Bataviaに辿りついたのはwoodシリーズを追いかけていたからであるが、そこに行くまでにUnder the Greenwood Tree と言う言葉にも行き当たった。You Tubeで映画も見られるが、英国の19世紀の小説家トーマス・ハーディの小説でイングランドのウエセックス(西サクソン)地方の牧歌的背景の中での愛のカントリードラマのようでマディソン郡の橋を思い出したが小生だけのイメージであろう。Greenwoodという言葉は樹木の固有名前を表すのではなく、単に常緑樹を意味するだけである。アメリカや英国にはこれを地名にする都市は沢山あるようだ。 写真が無いのでボゴール宮殿の常緑の大きな木をアップしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

Greenwoodも不動産大手

00gatot_202


いつも通るマス・マンシュール通りにいつの間にか立派なビルが建っていた。
00tensin_mas_casa_aug_16_014_1


ここはその前からバタヴィア・アパートが建っていて食事にも行ったことがあったがそのアパートの前は広いスペースがあり、そこにこのビルが建ったのである。そしてこのコンプレックスをCity Center Bataviaというのであろうが、誰がオーナーなのかは不明であった。
今、社長の名前Harry Gunawan Hoを得て調べたが会社の名前はGreenwood Sejateraと言う事が解った。両方とも小生が編纂したインドネシア富豪150傑にもインドネシア不動産デヴェロッパートップ20にも無いのでNEWである。彼自身はそれまではトレードに従事していたが1998年頃から不動産に着目して来て、会社は今上場しており、資産は2兆、2012年純利益は前年の3倍、2738億を上げている。と言うから成功物語である。 写真は確信を持つが確認はこの写真から得られない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

ジャカルタの洪水と日本の雪の現象

14022420p01a


この土曜・日曜はジャカルタでは雨が降り続き洪水に見舞われているそうだ。いつもジャカルタの洪水の写真を見ると子供たちが楽しそうに泳いでいたりする。それと場所により2~3メートルとかの浸水でその深さに、考えるとびっくりする。この事実を示した写真は今日も報道写真にあったが愛読のジャカルタ・ポストから拝借する。小生の洪水経験は筑後川の決壊洪水で、これが松本清朝が描いた恐喝記の背景に描かれている。あの時は全体が大河になり泳ぐなど考えられず、小説では洪水に流された見知らぬ男女がいつの間にか絡み合い、助かった後の関係が描かれている。
Banjirpriukdamai230214riv4


ジャカルタの場合はジャカルタゼロメートル地帯が広がっている上、一度に降る雨の量も半端でなく、上流からの河川の徐々に増えてくる増水と相まって海に流れ込む勢いは無く、地中より湧く感じになるのではないか。徐々に増えると言うのは上流のダムのお陰でもあるが決壊したことは覚えがない。
00dsc_0615


おりしも日本では15日に降った雪が道路脇に掻き寄せられた雪掻き山がもう10日にもなるのに溶けてない。この現象も初めてである。昨日は子供たちがソチ・スキーに触発され滑って遊んでいた。

追:洪水が激流にならない素人の考える理由に 川の蛇行がある。ジャカルタの河川は昔のジャングルやカリマンタンで見る河川の通りひどい蛇行である。下ると思うと蛇行して登ったりしなければならないので激流にならないのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

Sentiongとジャカルタの川

00p2060179


Sentiong Riverの土手に掛かる10の不法住宅を取りのぞくニュースがあった。Sentiongと言う言葉で思い出したがパッサールバルにSentiong Klentengと言うお寺がある通り、中国人のお墓と言う意味である。しかしSentiong Riverと言うのは初めてであるので地図を調べて見た。そこは多分、キット通った地区ではあるがしかと思いだせない。ゴルフ場からの帰りのプラムカ通りの北側或いはPercetakan Negaraの北側のTanah Tinngi地区だろうと見当を付けた。丁度スネンから下る鉄道の一つ目の駅がSentiongである。
この川を地図でなぞって見ると下りはクマヨランから海へ、上流はKali Baru(新運河)と言う名前の小さな運河でBogor Raya通りをBogor辺りから下って来る。 
00ciliun_sriady_jun_609_121_r


ジャカルタを下って来る川は3CI(チリウン・チサダネ・チタルム)を代表に13数えることが出来るがこの川の様に知られてない川もあるし、川の名前はちょろちょろ変わる。何時の間にか地下に入ったりするので辿るのは困難である。土手はこの様に住宅が押し寄せているので土手を下るなんてことは不可能なのである。
これら堤防の密集したバラック住居の取り壊しには警官250人に応援された100人のSatpol PP(市の保安・警備官)が行ったがその前に既に53家族が移転していったそうだ。
そこの写真はないが多分近くのバラックの通りを通った時撮ったボケた写真と両サイド民家風景をアップした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

世界最大のマンタ・ツーリズム国へ

Ancolのシーワールド紹介で筆の勢いでマンタを見て等と書いたので心配になり確かめて見たら確かにあるようで安心した。そして今日マンタのニュースに出会った。マンタとはエイの大きなもので普通オニイトマキエイを言い英語ではManta Rayである。赤いレイを思い出す。
報道と言うのは個体数が減少しつつあるマンタの保護のためインドネシア政府はその保護のためインドネシアの全海域5.8百万km2内でのマンタとサメの漁獲を禁止したもので、ニューギニアの地方政府も沖合いRaja Ampatに46,000km2という広大な聖域を設定したと言うものである。インドネシアは世界的にも多くのツーリストがマンタとダイブする為にやってくるがこれで更に観光資源の保護に繋がるのだ。マンタツーリズムの外貨獲得は$15百万らしい。ダメージは薬膳等に漁獲する中国の様だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

ジャカルタ観光に耐えられるかプラウスリブ

Marinaancol


ジャカルタ観光で一つ忘れていた所があった。プラウスリブである。昔JALが経営していた島があり、そこはアンチョールから2時間と一番外側で海もきれいだったがそれはN十年前にもなる。日本から来た方々をお連れしたが余りの良い思い出で帰りの船で別れを惜しんで泣いていた人も居た。今はあのArtha Grahaの所有に移って半分リノベ中だとか。スリブと言うだけに多くのリゾートがあるが、PutriとかPelangiが良いかもしれない。一番近い島はBidadariでアンチョールから15km、20分なのでがっかりしたくない人はここがいい。ここには一応CottageもRestoranもBarもDiscoもBilliardもあると言う事であるがいずれも陸上の遊びである。ただ近くだけに海で遊ぶと言うより海の景色を堪能することだ。
ここではいい写真がないのでアンチョールのマリーナの端っこから撮った写真でもアップしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

バントゥン・バンテン・ベンテン

ジャカルタ観光案内でスンダクラパから案内したが、インドネシアが外国に向いている都市はそれまではバンテンである。バンテンは元西ジャワ州であったが地方自治の高まりでバンテン州として独立したもので州都はSerangである。Photo


そこから港の方に向かうと15世紀栄えたバンテン王国の昔の宮殿や砦の跡が残るバンテン港に出るが、今漁船のにぎわいも静かな町になってしまっているが、15世紀には明朝の鄭和(Cheng Ho)が艦隊を率いて来航しているし、オランダの最初の一歩は1596年この地で、ポルトガルを放逐した。オランダは1610年にはスンダクラパに着目し、そこを拠点にして植民地化を成功させたが、それを放逐した日本軍の上陸の1地点もここなのである。バンテンはBantenと書くが日本語読みにするとバントゥンに近くなり且つnの発音は“案内an-nai”のnで舌を上歯茎内側に付ける。間違いやすいのはBantengとgが付いた場合はあんぽんたんのngである。此方の方が日本人が普通に使うンである。Bantengは野牛の意味でメガワティがロゴに使っているし、9月30日事件に斃れたヤニ将軍のBanteng Raiderが有名である。 Bentengとなると砦を意味するのでオランダが使用したBenteng戦法、スカルノ時代の利権をプリブミに与えるベンテン政策 或いは中国人の植民したタンゲランのCina Bentengが有名な語彙である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

1月投資環境トピックス

好調続く自動車・単車販売、一方新規投資は一服か、国民皆保険や同時総選挙など重要施策も実施、経済成長は昨年下落から飛翔へと準備完了

1/9 ホンダ、2013年二輪車販売4,697,000台で過去最高記録、14年は500万台
1/9  2013 年二輪車販売台数は10%増の7,743,879台14年は801万台を超見込
1/15 2013年の自動車販売、10%増の1,227,804台:ホンダ。14年は前年並みか。
1/10 ハリム空港の商業運航開始、シティリンクのジョグジャ、スマラン便から。
1/16 ハリムとスカルノハッタ空港を結ぶ高速鉄道、33.86km、2014年4月着工予定。
1/24 江崎グリコ、販社設立へ、資本金約5億円、従業員100人。
1/1  新国家社会保障制度BPJSへ移行、取扱病院や補償限度に不便との声。
1/2  2013年のインフレ率8.38%、過去5年で最高。12月のyear on yearは4.98%。
1/3  VAT課税免除業者の条件、年間売上6億ルピアから48億ルピアに拡大へ。
1/21 2014年経済成長率5.76%:経済調整相が予測。
1/8  ジョコウィ人気続く:コンパスの調べ43.5%に伸ばし、2位のプラボウォ
1/17 在留邦人数、2013年末時点で16,000人到達、戦後最高と駐イ日本大使。
1/22 洪水による避難者、首都だけで89,334人に増加。死亡者23人に。
1/23 総選挙と大統領選挙は同日投票に:憲法裁決定。全国の地方首長選も一斉に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

ジャカルタ観光はジャカルタ音頭で

Lonely Planetが上げたジャカルタでの観光ポイントは先に紹介したが“this boundless world”と言う頁にも"Top Things to See and Do in Jakarta (Tourist Attractions)"にもベスト5が有ったので掲げておこう。
National Museum:
Ancol Dreamland:
Ragunun Zoo:
Jakarta’s Street Market:
Taman Mini Indonesia
である。この頁はどうもバックパッカー用の様であり、地図もあやふやであり、実は4つしかなかったのであるが地図にTaman Miniの記載が合ったのでこれを入れ5つにした。先日のTop 5は以下であったので小生が追加したTaman Miniしか合致していない。

1. National Monument (Monas)
2. Taman Mini Indonesia Indah/TMII (Miniature Park Of Indonesia)
3. Jakarta Old Town
4. Puppet Museum
5. Taman Ismail Marzuki
小生が上げたTop 5は
1. Batavia Old Town(National Musium)
2. Ancol Dream Land
3. Night in China Town (Dinner)+Mall+Mall
4. Grand Indonesia(Shopping Mall)ーー>Japanese Festive Nighe Spot
5. Taman Mini Indonesia
でありGrand IndonesiaはShopping/Dinnerであるので或いは3のDinnerと合体させ後一つは名前を上げていたPasaraya/Blok-Mを復活させJapanesse Festive Nightとタイトルを変えよう。Mall+Mallと言うのはジャカルタにはShopping Plaza/Mallを中心とする複合施設が170もあるので上記で代表させよう。未だジャカルタには是非行かねばならない定番スポットが無いのでこれから作っていかねばならない。
00dsc_1249


ブロックMが何故Festiveかと言うと毎年ジャカルタ誕生月(6月)を記念したお祭りがおこなわれるからで今はいつでもお祭りの提灯が夜を飾っている。インドネシアの8割以上は日本びいきであり祭り好きな国民性が又合っているのでこの様な祭りには多くのインドネシア人がコスプレ等に着飾って在住日本人仲間が作った「ジャカルタ音頭」で一緒に踊り狂う。ココナツランド 常夏ランド ビンタンキララ ドドンガドンと9月には又ジャカルタ日本祭りが神聖な独立広場(モナス)を借り切って行われるのでこれらのスケジュールを見てジャカルタに来ていただくとインドネシア人の笑顔笑顔で自分も笑顔で帰れるだろう。 00aug_16_001


ジャカルタ音頭を聞きたければジャカルタ48の応援団長のレストラン鳥元でリクエストすればよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

安部とオバマ・バラック

Wikipediaの解説でこれほど長い解説の項目を今まで知らなかった。安部のWikipediaであるがなんと105頁である。オバマを引いて見ると58頁であるがこれでも、吉田茂42、田中角栄56頁より上である。しかしこれはアウエーであるので母国でどうかとなるとAbe 33に対しObama100で 合計138対158でオバマの勝ちである。年齢は安部54年生まれの59歳、オバマ52歳、元首になった年齢は52歳対48歳、安部は信介・栄作・晋太郎の家系で培養養育された保守旗艦棒の感じがするが、オバマはこの様な世界もあるのかと言うほど狭間を転々と生きて来た感じがする。インドネシアとも関係があるので調べて見ると実父はケニアのルオ族(オバマ21歳時逝去)、母はカンザス出身の白人、ロシア語を学ぶ留学先のハワイ大学で知りあう。父はムスリムであるが彼はキリスト合同教会に属している。オバマ3歳時離婚した母は同じハワイ大学に留学に来ていたインドネシア人ストロと再婚、
00dsc01789tr


その縁で家族はインドネシアに移住オバマ6歳から10歳までジャカルタの公立のメンテン第1小学校に通ったあと、両親の別居(その後離婚)で母の親族の多いハワイに戻った。母もオバマ34歳時亡くなっている。
大学以降教育・研究は華麗と言え18歳でカリフォルニアで最古の大学オクシデンタル大学入学、21歳コロンビア大学編入・卒業後NPO等で働き27歳でハーバード・ロー・スクールで博士号、その後シカゴ大学の法学フェローとなり弁護士時代から35歳でイリノイ州上院議員となり政治活動に進んだのである。
4月には日本に1泊しにくると言うので長いWikipediaのさわりを触っておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

ジャカルタ観光 Top Five things to do in Jakarta

旅行情報誌Lonely Planetが上げるベスト5であるが、友人もいずれ来ると言うので我がベストを作っておかねばならないが、誰に推薦するかによって異なってくる。Lonely Planetが上げるベスト5は以下である。
1. National Monument (Monas)
2. Taman Mini Indonesia Indah/TMII (Miniature Park Of Indonesia)
3. Jakarta Old Town
4. Puppet Museum
5. Taman Ismail Marzuki
Puppet Museumが一つあるがオールドタウンに入るのであるからもったいない。
Nasional_sejalah_nov06_004


むしろ国立博物館をスタートして00may_09_batavia_148


カリブサールからファタヒラーに入り中銀博物館も入れた5つの博物館(ジャカルタ歴史館、プペット、スニルパ・セラミック、マンディリ)巡りのあとカフェバタヴィアで1日を上げるのがベストであろう。次に上げたいのはトロピカルナイトである。それにはアンチョール海洋公園がいい。マリーナや00dsc_0174


ロープウエーのかかるスポーツDream Lakeや5つの beachで海風に当たりSeaworld水族館でマンタなどを見た後更にドゥニアファンタジー、や Ocean Dream Samudra3Dを散策し夕べを迎えジンバラン・レストのナイトビーチでのシーフード・バーベキュウを味わうものだが、公園内では色々イベントもある。00aug_08_030


3番目はチャイナタウンでシーフードレストランのショーを楽しむのに3種類ほどはしごも出来よう。Ab_aug_042


4番目はお土産買い出しも含め一つはパサラヤ・ブロックM, 或いはサリーナからグランドインドネシア辺りのモールでのショッピング、00taman_mini_054


5番目は一度にインドネシア巡りが出来ると仕上げにミニ・インドネシアになるのであろうか。今少しイベント・ショーなどを確認しておく必要があり、磨きを掛けておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

アダム・マリック家 再録・追加

00malik_museum_ruin_1


アダムマリック博物館が閉鎖されたあと、アダムマリクの子孫はどうしているのだろうかと気になっていたのであるがこの1月Adam Malik Awardと言うのがあることをVoice of Indonesiaのホーム頁で知った。VOI が外務省からBest Radioとしてこの賞を受賞したというものであった。 Antara News社もMediaOnline部門でこの賞を取っているが、此方の報道ではこの賞は5部門があり他の3部門はPrinted Media 部門がKompas新聞、TV media 部門はSCTVそれに記者部門はKoran Tempo 社のNatalia Santi が受賞したとある。表彰された2社の報道であるがAntaraは全体を報道しているがAdam Malikの背景が今一つ不明である。
廃屋となったアダムマリク博物館を売却して得た資金からの表彰なのか或いはジャーナリストでもあったアダムマリク氏をたたえた外務省の肝いりなのか 二つの協力だろうとしておこう。

00dsc_0156


追伸 ジャカルタ市長コンビが進めていたリアリロ地区の緑化公園であるが、地権者が多く出てきて相当もめたようであったが、応急の緑化も一段落した後 新たな地権者が現れた。それがアダムマリックの遺族のようだ。
Ahok副市長は土地所有の権利証もないのを見越して 来るなら来いと喧嘩腰である。
このAwardの記事も落ちぶれたアダムマリック博物館から何かあったのかと憶測する悪い話を吹き飛ばす意味があったが、。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マー君も24時間かけてNYへ

一人でも欠航を決行しようと思ったのは今回の大雪下のガルーダだけでなく、つい昨年10月1日も「巨大台風下のガルーダ」であったが、着いた成田の空は共に災害一過の青空であった。繰り返しになるが問題は国内で、ガルーダが時間調整した45分と、のんびり何時までもどこまで行くのか解らないような成田での着陸後のタクシーイングが45分、ジャカルタから成田までは7時間強の飛行時間なのに成田から自宅までは8時間、そう言えば昨日NYに飛び立った田中将大君は成田からNY迄12時間、楽天仙台から成田迄も12時間だった。昨日の11時ごろになっても今日のTVでは成田から来る湾岸線で小生自宅に近い出口辺りも渋滞が続いていたが、ラジオを含め何の情報も得られない人達の怒りを報道していた。メデイアの報道は災害対処に意味は無く、事後ストーリーが多い。このブログも2日遅れであるが。。追加情報も無くそのままブログへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

国内交通が本当の要注意

00dsc_0609


ガルーダ便で何事も無く日曜朝成田に到着し、小生も何事も無くいつもの京成に向かおうとしたが地下へのエスカレーターは故障なのかロープを張ってあり、00dsc_0614


周りはバス情報を待つ人々でごった返ししている。何の場内案内もないのでInfo Deskに聞いて見ると電車・汽車(京成・JR)・バスは全面運航停止、タクシーも少なく、数時間待ちと言うしこの広いターミナルの中で15番口の1ケ所しかなくその場所まで行くのに遠い事に驚いた。シンガポール飛行場の整然としたタクシーを思い出すも甲斐なく、出発階のレストラン階に向かうもここも既に売り尽くした店や店員出社出来ずやむなく閉店していると言う惨敗、昨土曜午後飛べなくなった飛行機の為昨夜から籠城している人達も8,200人(今日の読売ニュース)、方法は一つ待つしかないので、京成の改札口前で待つことにした。ここはビッシリの人達でさっきのエスカレーターのロープ張りの原因が解った。ロープを張ろうと人がビッシリだろうととにかく改札口に行こうとやっと出あった友人を引っ張りながら辿りついた。そうして待つこと3時間の13時過ぎ辛うじて上野行きのアクセス特急線が開通し1番便に乗ることが出来た。普通9時に到着するガルーダは出発便調整で45分遅れであったが、成田の降機ブリッジ迄のタクシーイングで45分も掛かった後の3時間である。
小生は成田から船橋方面になるのであるが利用出来るのは上野である。家は上野と成田の真ん中であるので上野迄行っても距離が縮まった訳でもなく孤島脱出に意味がある。実際は上野から自宅までの交通情報取得の為1番便を止め、確認後次の便にしてゆっくり座っていくことが出来た。上野も又ごった返していたが無事東西線にのれた。一つ手前の駅で降り、タクシーにしたがこれが中々来ず、その内来たバスに切り替え、雪の路上をビチョビチョになりながらの帰宅は17時過ぎであった。向うで充電したXperiaは殆ど何も使ってない日曜の朝バッテリー切れ、自宅で充電するも不成功、もう寿命が尽きたかと思った、月曜の朝、パソコンに繋いでいたXperiaの再生にウエブ検索などした後、何気なく押し続けたボタンでやっと再生に成功できた。00dsc_0618


手数のかかるsony目といつも腹が立つ。やっと撮った裏庭の残雪風景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

記録的大雪の東京へガルーダは

00dsc_0597_2


土曜日帰国の日は、前夜のNHKの雪の報道や酒場での友人の酒のさかな話にうんざりしながら、果たして飛ぶのやらと朝から1日ネットをサーチングし通しであった。ガルーダのサイトは日本版もインドネシア版にも飛ぶのか飛ばないのかの様な案内は全くない。成田エアポート会社(NNA?) に今日のフライト状況の記載があり、ガルーダの東京―JKT便はスケジュール通りでありその内、飛び立った事が解った。この飛行機に乗って帰るのであるから、物事はスケジュール通り進んでいる。これでも羽田は全便欠航の中であるので不思議に思ったが、出発便版から到着便の案内版に目を移しても未だ日曜朝に着くGA884の案内はなく、他機の遅延便や到着地変更便が目立つなか、具体的情報キャッチ出来なく、またSoekarno-Hatta飛行場会社のサイトにも同様フライトスケジュール表はあったがここでも何の情報も得られずそろそろアパートを出発する夜を迎えた。ここで情報を探る意味でも会社幹部に自主欠航を通告、友人に夕飯のサウンドメールを送った後、「今日の成田は」程度でサーチした最後のウエブ情報で成田の日曜の朝の天候は晴れとの情報で、自主欠航を止めアパートを出発した。
飛行機の出発は2回ほど若干の延長があったが、延長するほど朝の天候は良好なので歓迎、友人Kと出合いタブロイドのゲームに興じながらホンの1時間程度の遅れで出発した。今日の乗客はエコノミーで268人中156人故6割弱、周りはガラガラである。ビジネスクラスの夜食をそっと回してくれるプラムガリに感謝しながらビールとDie Hard、利休の」映画で朝を迎えた。00dsc_0604


成田は晴れ、海岸線には雪景色もなくほっとしながら00dsc_0608


残り雪の滑走路を雪を蹴って無事に到着した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

HollywoodからBollywood迄

Woodが付く樹木の名前が気になったのは2008年1月、Manggala Wanabhakti森林公園に行った時に発見したSandalwoodが最初であった。SandalWoodと言うのは白檀の一つで香水の元になるのでかなりの人が知っている。Woodが付くから木だと思うと先のStarwoodなど樹木とは関係ないようでWoodが付くと詩的感覚が湧くのか美辞となるようだ。
Hollywood_imagescaa5e484


HollywoodはこのHolly自体が柊という木でwoodが付けがひいらぎの森となる。このHolywoodをもじったのがBollywoodで何かの間違いかと思ったらこれはインドのムンバイの映画産業をHollywoodをもじって作ったものでBはムンバイの旧称Bombayから来ているそうだ。
そのインドのZee Entertainment Enterprisesが、今年インドネシアで24時間有料TVチャンネル事業に参入するそうだ、ボリウッド映画チャンネルとヘルスチャンネルの2局もあるそうだからこれで20-30チャンネルもあるTV(それにIndoVision等会員は更に数倍)から離れられなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

Woodが付く不動産

StarwoodやOarkWoodの様に不動産にWood が付く名称を使う事が多いが圧巻はクバヨランのパクブオノのマンションである。 00dsc03530


ここはPakbuono Residenseと言いポドモログループが清水建設に八兆して立てたものと記憶するが、この中に24階建の5棟ありそれぞれに名前が付けられているがそれが、Eaglewood、Basswood, Sandalwood、 Ironwood、Cottonwoodなのである。これらの木々は35,000m2の広いグリーンガーデンを形どり10kmの遊歩道やパッティンググリーン、ミニサッカー、テニスコートもあり、色々センサー装置もついており、メイドがいなくなった小生にはメイドサービスも羨ましい。これらの木々とは云ったものの中に入った訳ではないので実施にあるのかどうかは知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

新発見 Mikrolet

00kolamas


何気なく水色の大衆小型バスを見ているとそれぞれにバスの運営者が名付けた会社名があるのに気付いた。片手位なら可愛いが、相当数あるようでそれも似た名前であるからまぁ冗談だろうくらいに思って差し支えない。名前なしで走っている物もあるからである。
この末鞘にこだわらず共通点を見ると全て同じ水色で10人乗り程度の車掌なしの乗り降り口ドア開放でどこでも止まってくれるあのMikroletなのである。違いは路線番号を掲げている点である。
00kolamas_jaya


会社名でKolamasと言うのを掲げているのがあるかと思うとそれに単にJayaを付けたKolamas Jayaがり、
00kopamilet


同じくKopamiletががあるかと思うとKapa milet Jayaがある。
00komilet_jaya


KoramiletありPurimasありとコレクションしたが何のためか自問し自答に苦しむが、そんな時代もあったねとこの時代を生きたインドネシア人の為のなるだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ジャカルタの繊維博物館案内 2.

00dsc_0499


表側が宮殿風の建物ではあるがこれも元はindische風カントリーハウスであったのであろうか。1800年中頃フランス人が住んだが、以前に立てられた物の様である。その後の変遷はブログ「ジャカルタの繊維博物館案内」の通りであるがベンクルーのスルタンの娘の系類からSayid Abdullah bin Alwi Alatasと言う人に渡った時(20世紀初頭にかけて?)相当なリノベが行われた模様で、彼はラーデン・サレーのマンションも購入している。
彼についてはAlwi Shahab氏が”Saudagar Bagdad dari Betawi”(べたウイのバクダッド商人)と言う本を書いているが19世紀末インドネシアでPan-Isralmik運動が発展したが、彼はそれを指導し、オランダ植民政府より逮捕されたりしている。
00dsc_0508


インドネシアの繊維の華バティックが2009年に世界無形文化遺産認定されその日を10月2日をバティックの日と制定、JKT市は公務員に着用義務を定めた事もあり、
00dsc_0510


その象徴のここも色々手当され広くてゆっくりできる場所になったが、やっぱりしゃれた茶房等思いつかないのか残念だ。博物館の中身には余り興味がないのと時間も5時過ぎで閉館を良いことに立ちさった。場所はKS. Tuban NO.4、普通はそのTuban道路に繋がる橋を渡って右手にあるのであるが、一方交通などもありその北のJati Baru(Kebon Sirihから来る)橋を渡ってKS Tubanに出て市内方向の戻る直ぐ左手を探すのが良い。ここは皆親切である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

アダムマリクとボイス・オブ・インドネシア

00malik_museum_ruin_1


アダムマリック博物館が閉鎖されたあと、アダムマリクの子孫はどうしているのだろうかと気になっていたのであるがこの1月Adam Malik Awardと言うのがあることをVoice of Indonesiaのホーム頁で知った。VOI が外務省からBest Radioとしてこの賞を受賞したというものであった。 Antara News社もMediaOnline部門でこの賞を取っているが、此方の報道ではこの賞は5部門があり他の3部門はPrinted Media 部門がKompas新聞、TV media 部門はSCTVそれに記者部門はKoran Tempo 社のNatalia Santi が受賞したとある。表彰された2社の報道であるがAntaraは全体を報道しているがAdam Malikの背景が今一つ不明である。
廃屋となったアダムマリク博物館を売却して得た資金からの表彰なのか或いはジャーナリストでもあったアダムマリク氏をたたえた外務省の肝いりなのか 二つの協力だろうとしておこう。

追伸 ジャカルタ市長コンビが進めていたリアリロ地区の緑化公園であるが、地権者が多く出てきて相当もめたようであったが、応急の緑化も一段落した後 新たな地権者が現れた。それがアダムマリックの遺族のようだ。
Ahok副市長は土地所有の権利省もないのを見越して 来るなら来いと喧嘩腰である。
このAwardの記事も落ちぶれたアダムマリック博物館から何かあったのかと憶測する悪い話を吹き飛ばす意味があったが、。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »