« 記録的大雪の東京へガルーダは | トップページ | マー君も24時間かけてNYへ »

2014年2月11日 (火)

国内交通が本当の要注意

00dsc_0609


ガルーダ便で何事も無く日曜朝成田に到着し、小生も何事も無くいつもの京成に向かおうとしたが地下へのエスカレーターは故障なのかロープを張ってあり、00dsc_0614


周りはバス情報を待つ人々でごった返ししている。何の場内案内もないのでInfo Deskに聞いて見ると電車・汽車(京成・JR)・バスは全面運航停止、タクシーも少なく、数時間待ちと言うしこの広いターミナルの中で15番口の1ケ所しかなくその場所まで行くのに遠い事に驚いた。シンガポール飛行場の整然としたタクシーを思い出すも甲斐なく、出発階のレストラン階に向かうもここも既に売り尽くした店や店員出社出来ずやむなく閉店していると言う惨敗、昨土曜午後飛べなくなった飛行機の為昨夜から籠城している人達も8,200人(今日の読売ニュース)、方法は一つ待つしかないので、京成の改札口前で待つことにした。ここはビッシリの人達でさっきのエスカレーターのロープ張りの原因が解った。ロープを張ろうと人がビッシリだろうととにかく改札口に行こうとやっと出あった友人を引っ張りながら辿りついた。そうして待つこと3時間の13時過ぎ辛うじて上野行きのアクセス特急線が開通し1番便に乗ることが出来た。普通9時に到着するガルーダは出発便調整で45分遅れであったが、成田の降機ブリッジ迄のタクシーイングで45分も掛かった後の3時間である。
小生は成田から船橋方面になるのであるが利用出来るのは上野である。家は上野と成田の真ん中であるので上野迄行っても距離が縮まった訳でもなく孤島脱出に意味がある。実際は上野から自宅までの交通情報取得の為1番便を止め、確認後次の便にしてゆっくり座っていくことが出来た。上野も又ごった返していたが無事東西線にのれた。一つ手前の駅で降り、タクシーにしたがこれが中々来ず、その内来たバスに切り替え、雪の路上をビチョビチョになりながらの帰宅は17時過ぎであった。向うで充電したXperiaは殆ど何も使ってない日曜の朝バッテリー切れ、自宅で充電するも不成功、もう寿命が尽きたかと思った、月曜の朝、パソコンに繋いでいたXperiaの再生にウエブ検索などした後、何気なく押し続けたボタンでやっと再生に成功できた。00dsc_0618


手数のかかるsony目といつも腹が立つ。やっと撮った裏庭の残雪風景である。

|

« 記録的大雪の東京へガルーダは | トップページ | マー君も24時間かけてNYへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国内交通が本当の要注意:

« 記録的大雪の東京へガルーダは | トップページ | マー君も24時間かけてNYへ »