« 新交通機関2題 | トップページ | チームがガルダを駄目にする »

2014年3月28日 (金)

インドネシア自動車産業縮図

ブカシに行くのにいつも高速を使うがたまにはと思って国道を使ってみた。
カメラを片手なので少々渋滞の方が都合が良い事もあってそれほどの渋滞の記憶はない。
00dsc_0091


高速はチクニール辺りからトラック軍が大量に入ってくるので案外国道の方がすいているのかもしれないが、この通りである。
00dsc_0094


途中自動車を満載した運搬車に出会った。それも小さな道にすれ違う様な瞬間は中々見れまい。
方や日本の三菱自動車、方やGMのシボレー車である。
00dsc_0095_3


GMは昨年ブカシ工場でシボレースピンの現地生産を開始し販売を伸ばしてきている。インドネシアの日本車は昨年96%のシェア―を獲得1位トヨタ 35% 2位ダイハツ15%でこのコンビで50%を超える。三菱は販売は伸びたが4位のスズキの猛追に抜かれ4位となっッている。
GMは堂々9位で、KIAの10位、現代の14位を越えている。

|

« 新交通機関2題 | トップページ | チームがガルダを駄目にする »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア自動車産業縮図:

« 新交通機関2題 | トップページ | チームがガルダを駄目にする »