« チームがガルダを駄目にする | トップページ | 三菱 クラマ・ユダ »

2014年4月 1日 (火)

工業地帯第1号プロガドン

00dsc_0084


この間Bekasiに行くのに国道で行ったと述べたが、それはBekasi Raya通りを使ったと言うものでプロガドンを越えていく。この道は中々自分の物に出来ないがそれには色々地図上の理由がある。一つは丁度良いサイズの地図が無いため、一望できずそれが又東西をめくればいいと言うのではなく南北と頁を繰らねばならないからである。
ジャカルタからの出発はどの道路がいいのか、結論は三つ以上もある。一つはJatinegaraからBekasi Raya Barat(Ngulah Ray)、二つ目はPemuda、三つ目はPrintis Kemurdekaanであるが Bekasi Raya BaratはBekasi Raya Timurとなり更にKlenderから上がって来たBekasi RayaとなりPemudaと合併しさらにPerintisも合併し Bekasi Raya一つでBekasiに向かうのである。この他 Kali Malangを通る単純な道や他にもあるが小さな道になったりで中々難しい。そしてこの三つ、北のPerintis MerdekaanもPemudaもNgulah Rayもプロガドン工業団地にぶつかる。00dsc_0088


小生は北側のBekasi Rayaを通ったが地図をなぞっていたらそこプロガドンの北側に三菱・ふそ自動車の工場を見つけた。道理で先の写真にある三菱のミニトラックを運搬する車に出会った理由がわかった。そしてそれよりずっとBekasiよりにGMの工場も見つけたのである。
00dsc_0068


このプロガドンの工業団地やブカシラヤ通りにはびっしり工場があり、インドネシアの工業力の原点を見る思いがした。

|

« チームがガルダを駄目にする | トップページ | 三菱 クラマ・ユダ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工業地帯第1号プロガドン:

« チームがガルダを駄目にする | トップページ | 三菱 クラマ・ユダ »