« トコ・メラーの歴史 | トップページ | バジャイの運命 »

2014年4月15日 (火)

日イ企業ちょっと比較

何時だったかPGN社の決算報道があった時のメモが残っていた。いわく「国有ガス会社PGNが2013年度の収入を前年から16%アップの30億米ドル、純利益は8億6千1百万米ドルと公表」
億ドルなどと言うと相当な額の如く感じ日本企業と比較してみたらなんと日本の東京ガスと肩を並べる企業であった。中身は違うかもしれないが円ベースにすると
東京ガス 日本で39位 1,017億円
大阪ガス 日本で75位  525億円
インドネシア国営ガス   950億円

日本のトップ企業はトヨタで純利益規模は1兆円規模であるが、インドネシアでもトップ民間企業はインドネシアでトヨタ等を扱うアストラ インターであるがその利益は2,000億円程度である。これは日本で言えばキャノンクラス、20位程度となる。
実際は国営だからランキングからは はずしているプルタミナは30億ドル規模であるので3,500億円となる。

|

« トコ・メラーの歴史 | トップページ | バジャイの運命 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トコ・メラーの歴史 | トップページ | バジャイの運命 »