« Angkeの語源 | トップページ | 二人のザイヌルアリフイン »

2014年4月22日 (火)

アンケ・レストラン

Angke_function_hall_jakarta


Angkeで忘れられないのはAngke Restoranである。中国語で 紅渓酒楼 と書いてあるのでこちらの名前はKali Angkeからとったものである。KetapangとKelapa Gadingにある。Ketapangと言うのはオランダ時代最初のガス灯会社がある地区の名前であるが実際の住所はJl. Zainul Arifin Telp: (021) 634-3030である。昔から有名で小生は一人でAyam Garam(塩蒸し鶏?)を食べに行ったこともある。メニュを見るとSaklon(Kodok 石蛙?)とかLindungcahウナギ炒め等もあるが魚はNila か Malasである。Kelapa Gadingにも大型店があるようだ。
店の内部の写真はJakarta 100Barからの写真である。これはホールとなっているが、昔はもっとざっくばらんとした店であったが。

|

« Angkeの語源 | トップページ | 二人のザイヌルアリフイン »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Angkeの語源 | トップページ | 二人のザイヌルアリフイン »