« Tragedi Cina Benteng | トップページ | ネオルネッサンス様式の建物 »

2014年4月 4日 (金)

ウイジャヤクスマの墓

Taman Makam Pangeran Wijaya Kusamaに、ウイジャヤクスマ皇子のお墓があると言うので3月末探検に行って見た。00dsc_0252


住所はKel. Wijayakusuma のJl. P. Tb. Angked/h. Jl. Angke Kampung Goestiである。Tubagas Angkeと言う大きな通りに面している。
ここは空港に行く高速の左手のゴミゴミした一帯なので行くことが無く、また住所のKampung Goestを探したのでおお周りさせられたりして大変であったが結果は道沿いに写真の通りの門構えであるのでGoestiは無視すればよかったのである。彼はバンテン王国のスンダクラパ地方に派遣された領主Pangerang Wijayakartaの助言者或いは軍司令官でオランダVOCとの戦いで軍功を立てた。17世紀の話である。 00dsc_0257


この墓は沼地の中から出て来たそうで最初はアリサディキン ジャカルタ市長が整備し現在のこの廟は2003年の3代目のものである。公園と言っても別に大きな物ではなく腰かける所もない。
00dsc_0254


お墓の廟に3人ほどの人が祈っていた。そう言えば彼はイスラムのウラマでもあった。更に云い募ると9人のイスラム聖人カリジャチの血をひくそうである。
Jabodetabekの地図帳を調べたらなんと210ものこの名前の道路名があって驚いたが、これは彼の名前の他に有名な花の名前でもあったからだろうと納得した。

|

« Tragedi Cina Benteng | トップページ | ネオルネッサンス様式の建物 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tragedi Cina Benteng | トップページ | ネオルネッサンス様式の建物 »