« ウイジャヤクスマの墓 | トップページ | 3人のバンテンのパンゲラン »

2014年4月 7日 (月)

ネオルネッサンス様式の建物

00_banteng_building_086


カリブサール・バラットのトコ・メラーの手前に有る小さなオフイス・ビルはBanteng Buildingと表示されている。通りの番号では Kali Barat No.6である。この辺りは隣のビルと軒を連ねるRow Houseになっており入口前は雨除けの回廊になって両隣りと繋がってショッピングなどが出来る状態であるが。トコメラーなど」引っ込んだ建物は別でこれを遮断している。この建物には現在は弁護士事務所とかTIKI宅急便の事務所などが入居している。もう100年近くになろうか1920年以前に立てられたものである。
ネオルネッサンス様式である。何がネオなのか何がルネサンスなのかは解らないだろうがそうだと思うとそうなるもんだ。
ただこの程度の建物では設計者も元の使用者もインドネシアには資料はないようだ。

|

« ウイジャヤクスマの墓 | トップページ | 3人のバンテンのパンゲラン »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウイジャヤクスマの墓 | トップページ | 3人のバンテンのパンゲラン »