« パンゲラン達の歴史背景 | トップページ | 2014年3月投資環境 飛行機は便利に »

2014年4月10日 (木)

フレーデブルフVredeburg 砦

空港でお土産に手ごろ(コンパクト)なチョコレートを見つけた。序でにバリの石鹸も買ったが、最近のインドネシアお土産物産は豊富で立派になってきた。特に包装が昔と隔世の感がある。
00dsc_0001


買ったのはブランドがVREDEBURG と言うものでJogjaの産品である。この会社はブランドから包装までマタラム王朝とコロニアル風イメージを打ち出している。Vredeburgがその代表でこれはオランダ時代の砦の名前であるが、現在はMuseum Benteng Yogyakartaと言う博物館になっている。ハメンクブオノの宮殿の前にある。日本時代は日本軍の司令部本部として使われたそうだ。
インドネシア人は最近オランダを許しむしろ懐古趣味に陥っている風がある。オランダは有形無形のものを多く残して、余裕の出て来たインドネシアはこれを観光の売り物として価値観を見つけて来たが、小生のブログの批判の声から考えるとそんな昔のことが一般の観光客を呼び込む力になるのであろうかということである。 日本人にとっては旨いものがあることが第一だと思われるが、そうなるとイメージの回復から取りかからねばならないから長期を要することとなる。

|

« パンゲラン達の歴史背景 | トップページ | 2014年3月投資環境 飛行機は便利に »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンゲラン達の歴史背景 | トップページ | 2014年3月投資環境 飛行機は便利に »