« ワイサク前日の全日空 | トップページ | Museum Weekは終わった »

2014年5月19日 (月)

4月投資環境トピックス

ニュースは多いがパットせず、汚職と政治の季節で企業活動も停滞か、経済成長を来年に覚悟した5.4%
汚職と政治を除くと
4/10 資生堂、シナールマスと販売会社設立へ、資本金500億ルピア、資生堂が65%
4/22 2015-19年に国内空港300ヶ所に増設、改修も含め168兆ルピア投資
4/23 プルタミナ、年内船舶6隻調達2.4億ドル、向こう3年間には74隻まで増
4/25 グヌン・ガハピ・ニスコ、メダンで製鉄所、2016年に生産開始し年100万トン
4/25 BPJSと民間保険業界との補償調整スキーム、参加はシナールマス保険など2社のみ
4/28 BRI銀、自社通信衛星打ち上げ計画、米スペースシステムズと契約、2.5兆ルピア。
4/29 生産500%増加のバティック、綿生地はまだ輸入に依存

4/1 今年のイ経済成長率5.7%:アジア開銀予測。
4/4 材料の輸入依存度高い9分野に政府便宜検討、材料の国内生産・調達強化へ、
4/9 イ経済成長予測、今年5.4%、来年5.8%:IMF。
4/11 タックスアローワンス改訂5月にもと政府、外資系企業の利益流出の食い止めで。
4/15 小規模10行の統合検討:金融サービス庁。
4/18 貧富の差広大:所得増加率が貧困層で0-2%、中間層で2-4%、高所得層では8%に
4/23 首都での道路通行電子課金制度(ERP)導入計画、1日40億ルピアの収入
4/24 80社にキャッシュフロー支援便宜、しかし解雇の回避まだ難しくと地元紙。
4/25 投資昨年ほどでなくとも今年の経済成長率5.5-5.9%は達成可能:中銀(BI)。
4/30 2015年度国家予算の前提:成長率5.5-6.3%、インフレ3-5%、金利5.5-6%、
対米ドルRp11,500-12,000、原油100-105ドル、石油日産量830万-900万バレル
4/25 アルコール飲料の販売規制強化、販売場所と販売条件をさらに管理:商業相令。
4/9 総選挙投票日:第1党はPDI-P、2番手はゴルカル(14%超)、3番手はGrindra11%

|

« ワイサク前日の全日空 | トップページ | Museum Weekは終わった »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイサク前日の全日空 | トップページ | Museum Weekは終わった »