« 兆ルピアのゴールドラッシュ | トップページ | ハリーダルソノ博物館 »

2014年5月 6日 (火)

国立競技場は新築当時のまま

00dsc_0007tri


長く近くに居て、一度も中に入ったことが無かった国立競技場が建て替えると言うので、今さようなら訪問の一般見物人に解放されている。
00dsc_0013


先日行った時は秩父宮スポーツ博物館の方からのスタディアム見学はゆったり出来たが、日一日と別れを惜しむ人々は多くなっているようだ。
00dsc_0017


ご覧の通り、芝のグランドもトラックも座席さえも新築当時のままで、これを壊すのは、これが小生の地所・資産であるなら、とても出来るものではない。今頃初めて破壊されると言う事を知って、そして初めて多くの反対者が居た事も知って、残念でならない。00dsc_0019


小生は日本を留守にすることが多いためどうだったかは知らないが、せめてよその国の失政をやじ馬根性で報道するより、この問題をもっと取り上げるべきだったのではないのか。今ある施設を再利用しエコでコンパクトなオリンピックとすると言うのが最初のアイデアであり、これを最後に先進国の持ち回りのオリンピックを後からの国々にやってもらうという事に意味が有ったはずだが、これだけでも当初予算が3倍になると言う。当初の予算で再利用しながら建て替える方式も取れたはずで、その様な設計コンセプトも議論されてない。
00dsc_0031tri


日本人が誇れるような施設なら反対も鎮められるが、今の案は隣りの国の二の舞で疑問である。写真を取ってきたのでそれをアップする為に何か書こうとするとこうなる。増加を覚悟した予算は他の公共施設の補強に使って欲しい。

|

« 兆ルピアのゴールドラッシュ | トップページ | ハリーダルソノ博物館 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兆ルピアのゴールドラッシュ | トップページ | ハリーダルソノ博物館 »