« 経済指標に明るさが | トップページ | 華麗なVihara(2) »

2014年5月22日 (木)

華麗なVihara

00dsc_0221


空港に向かう時、いつの間にか大きな中国寺院が建っているのを見ていずれ行ってみないとと思っていた。そのお寺は高架高速の高さまでそびえており、所在はすぐ解るのだがアクセスは難しい。初めての道路をあちこちしやったたどりついた通りはTeluk Gongであった。
00dsc_0238
その門は高速道路の下にあり診陽廟とかいてある。
00dsc_0233


お寺の名前はWihara Satria Dharmaと言うが同じ名前のお寺はインドネシアではバリにもある。このほかにもこの高速道路から西にはいくつものお寺がそびえているが、小生得意の歴史はなく、どれもいつの間にやらという感じであり、華人の集金能力と言うか富裕さに驚くだけである。 入口に二人くらいの乞食がうずくまっており、お賽銭代わりに恵んでやった、

|

« 経済指標に明るさが | トップページ | 華麗なVihara(2) »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済指標に明るさが | トップページ | 華麗なVihara(2) »