« ユドヨノにもノーベル平和賞もの | トップページ | 滅びゆく者グランド劇場 »

2014年5月30日 (金)

華麗なVihara (3)

00dsc04642


診陽廟のブログの中でこの辺りは多くの中国寺院があると書いたがその一つは数年前に訪れた中国寺院を思い出したからである。イメージとしての場所は覚えているのであるが診陽廟との位置関係が解らない。地図を見ると診陽廟は名前が出ているのであるがそれより古いだろうと思われたその寺院は書かれていないので確認ができない。 
00dsc_0053


そこでゴルフの序でにちょっと確認しに行ったのであるが、そこに行く道を確認するだけでいいのであるがわが運ちゃんに任していたら何とその診陽廟に出るではないか。そこで思い出したがそのお寺に行くにはこの診陽廟の横の運河沿いに入っていく所なのである。
従いそこからこのお寺までは1kmと離れてない同じ地域内であったのである。
00dsc_0061


このお寺の名前は寺院らしからぬ名前であるが鳳陽亭と読める。 ここは空港に行く時に目にする、過ってのスラムを整備し大公園となっているその運河(バンジール運河)の向う側である。00dsc04645


そこには小型寺院、中型寺院とこの大型寺院が200メートル置き位にある。
00dsc04638


中型のお寺の名前を探したが正面に神光普照と書かれていたがお寺の名前ではないだろう。
道を掃除していた掃除夫に我が運ちゃんは道の名前を聞いていたが何か言ったようであるが地図には何も出ていない。ここに来た初めての日本人かもしれない。
その後買った地図ではMOAと出ていたがViharaの表示は無い。この地図帳のLegenda表示マーク一覧そのものに仏教、ヒンズーはなくMasjidとGerejaのみであった。

|

« ユドヨノにもノーベル平和賞もの | トップページ | 滅びゆく者グランド劇場 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユドヨノにもノーベル平和賞もの | トップページ | 滅びゆく者グランド劇場 »