« イオン ガーデン・シティ | トップページ | 同好の仲間 Komunitas Historia »

2014年6月17日 (火)

Cacinのモール

00dsc_0263


ジャカルタ観光案内では小生もモールのショッピングを推薦したが、市民の間には単なるショッピングのみでなくビジネスランチ、カフェ等でのミーティング、家族とのディナーに使われ、都市中間層にとっては新しいライフスタイルの中でとらえられている。熱い外気を避けるためもあり、セカンド・ホームとまで言い切る若者も多い。しかしジャカルタには既に173ケ所もあり、その出入りの車で渋滞を引き起こし、それよりも伝統的商業を駆逐してしまう事を理由に新規のモール建設はファイウジ・ボウォの時代に禁止され、ジョコウイも引き継いでいる。アホック副知事は禁止と言うより、申請を却下すればいいものとの考えを持っている。従いマルンダ等渋滞の懸念が無い或いは伝統市場がない地域はOKとの考えに至るものと思われる。
AEONが建設するガーデン・シティ内のモールであるがイオンの新聞記者への発表では住所をカクンシリンシンと書かれていたがチャクン・チリンチンであることは書いたが、昔これはCacinと愛称されているこをメモにしていた事を思い出した。Cacinを間違ってCacingと書くと別の意味(寄生虫)になるから気をつけなければならない。 写真はまだないのでコンペティターの一つにもなるかもしれない都心の物を一つ。

|

« イオン ガーデン・シティ | トップページ | 同好の仲間 Komunitas Historia »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イオン ガーデン・シティ | トップページ | 同好の仲間 Komunitas Historia »