« 滅びゆく者グランド劇場 | トップページ | カリ・ブサール・チムールの威容2 »

2014年6月 3日 (火)

カリブサール・チムールの威容

00_kalibesar_timur_bgr


先日のKaerta Niaga のオフイスの建物の隣(手前)も大きなビルで現在はPT. Bhanda Graha Reksaと言う会社の所有である。住所はKal Tumur No.5-7である。カリバタチムールには塔を持つ大きな建物が二つあるがこれも引けを取らない。
00kali_besar_bgr


19世紀の建築でNeo Classic と Art Deco風で堅固な姿をそびえたたせている。 当然にジャカルタ市の文化保存建物に指定されている。現在のBGR社と言うのは国営のLogistic会社で基は尿素会社PUSRIの倉庫部門であったが1977年に設置されて、意外や全国に25の支店網をもつまぁ大企業なのである。 こんな所で本社機能を果たせる訳がないだろうと思うがKelapa Gadingの支店が本社かもしれない。先日のKerta Niagaの建物を左二つ置いた所である。

|

« 滅びゆく者グランド劇場 | トップページ | カリ・ブサール・チムールの威容2 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滅びゆく者グランド劇場 | トップページ | カリ・ブサール・チムールの威容2 »