« カリブサール・チムールの威容 | トップページ | 2014年5月 投資環境トピックス »

2014年6月 4日 (水)

カリ・ブサール・チムールの威容2

00may_09_batavia_149


と言う事でカリブサール・チムールには大きな古い建物がありこれは目立たないが、これも指定建物である。今はこれも国営物流会社Pelayaran Bahtera Adhigunaが本社として使っている。先日のBGR社は陸運であるが此方の方か海運の物流でmainはPLNの火力発電用石炭の輸送である。
この会社の歴史は1961年にオランダの会社NV Nederlandsch-Indische Steenkolen Handel-Maatschappij (NV. NISHM)を接収してから始まる。1966年に現在の会社の名前になり全国に17の支店と子会社PT Adhiguna Puteraを通じて貨物海運、積み荷積み下ろし、乙仲、海運エージェンシー等を行っている。 
002010jan30obama_veteran_thamrin_su


2011年に政府はその持ち分をPLNに譲渡したので現在はPLNの輩下である。
00pln


本当の本社機能はAdityawarmanというので多分此方はクバヨランにあるPLN本社ビル内であろう。

|

« カリブサール・チムールの威容 | トップページ | 2014年5月 投資環境トピックス »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カリブサール・チムールの威容 | トップページ | 2014年5月 投資環境トピックス »