« 華麗なVihara (3) | トップページ | カリブサール・チムールの威容 »

2014年6月 2日 (月)

滅びゆく者グランド劇場

0020100725_dsc01730


スプラウト通りからスネンにやって来る左手に如何にも如何わしいそうな看板を持つ映画館があるが、先週はグヌン・サハリ通りから下って来た高架からの写真にこの映画館の名前を見つけて往年の名画劇場だったのではと想像した。00dsc_0196


名前はGrand TheaterでIとIIに分かれて入口があるようだ。このブログでこの現代の映画館を推奨するものではなく、暗くて汚く浮浪者的若者の時間つぶし果はナルコバ、売春、スリの巣窟の要とも聞く。この名前だけならTIM公園にもあるのでそちらの方がお薦めだ。
インドネシアでは映画館はBioskopであるがTheater等も今は使われずMegaplexとかCinema21で最高級モールで最高級設備で見る物の様でこことは隔世の感がある。
Bioskopという言葉はオランダ語であり、オランダの占領の1920-30年代が一つの時代であったろうが、黄金時代Masa Emasanは60年ー70年のようだ。TVが登場した時代差だけインドネシアが遅れた感はあるも案外日本の時代感覚とも一致する。

|

« 華麗なVihara (3) | トップページ | カリブサール・チムールの威容 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 華麗なVihara (3) | トップページ | カリブサール・チムールの威容 »