« 戻りの全日空便の利点 | トップページ | 日系のHavenwoodもレジデンス »

2014年6月10日 (火)

Velodrome 自転車競技場

何気なく見ていた地図に異様な名前の道があった。度欲さんを出さなくとも知識のある人なら意味が解るのであろうが、この年でも未だ未だ未知であったことにぶつかることがあると言うのは有難いことである。
00pemuda_may14_21


場所はPemuda通りをPulogadung方向に向かう道で高等学校やIKIP(キャンパス)とかある並びに最後に
00pemuda_may14_22


大きなスポーツ会場 Galanggan Olahraga Rawamangunがありそこを左折して北に向かう道がそうであるがGoogleするとVelodromeとは自転車競技場でラテン語系の英語/蘭語であるが、この間行った時はそれとも知らなかったのでその設備を見に行くことは無かった。
00velodrome_may_14_4


Rawamangunスポーツ会場に隣接していてトラックを持つが入口はその左折した側にあるのであろうが名前を出していないのでこれだと言う自信は無い。競輪のないインドネシアにもこのような設備があるのである。しかし競輪と言うよりオリンピックで競われる競技であり世界選手権大会もあるようで、日本では国体の種目でもあり各県に一つはこの様な設備を保有しているそうだ。

|

« 戻りの全日空便の利点 | トップページ | 日系のHavenwoodもレジデンス »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戻りの全日空便の利点 | トップページ | 日系のHavenwoodもレジデンス »