« Vihara PadumuttaタンゲランとBoen Tek Bio | トップページ | LAYANG計画の失敗 »

2014年7月23日 (水)

ボケの勘違いでもツイていた

今日33件目のE-Mailを送りなんとか今日一日を閉められる目処がついた。そんな所でブログを書くが、題材はそれこそ今日1日のメールで起こった勘違い。 
まず今日はジャカルタの店にお客が来店、会議が有るスケジュールで急ぎ、会議資料を朝一番に作り配布を依頼した、一方お客にも同様その旨発信していたが、なんとその会議は昨日既に終了していたのであった。
昨日は朝から中目黒にVISA申請に出向く用があるので、ついでというので友人を呼び出していたのであるが、この友人が前もって色々アレンジしていたので、
00asakusa_cruise_221


ついでにふれると、まず篠崎醸造の広告の見学、貿易センター屋上からの東京展望、芝離宮を見ながら日の出桟橋までやっと歩き東京湾クルース、
00asakusa_cruise_228


陸に上がって海鮮居酒屋(このアップも彼女との約束)、浅草寺参拝、木馬館で劇団花ぐるま観劇、そしてカラオケとこれだけ遊べば仕事も集中するはずだし勘違いも起こるはずだ。
更に雑誌への寄稿も推敲も行ったあと予定を確かめたら、なんとそれは21日に締め切られていたのである。
しかしこの勘違いは今日だけのボケではない。 ちょっと前に来る25日に同窓会をやると言う案内があり、それでその日は、取得したVISAのパスポートをとりに行く日にして、同窓会とVISA取得と2度も東京に出るのを調整したつもりでいた。 そうするとVISAの申請はその前3日(本当は中1日)に行うことが必要となるので、22日申請完了後の12時から先の友人との豪遊日となったものであった。大使館で会った別の日本人となんとなくおしゃべりする中で、レバランを前にしてその日22日がVISA申請できる最終日であり、25日が出来上がりVISAをもらいに行ける最終日(その後長いレバラン休暇にはいるので小生は小生の出発までにパスポートを取り戻せ出来なくなる)であることが分かった。 危うくVISA取得(ジャカルタ行き)を失敗する所であったが、なんとかツキの残りで助かった話しである。 大使館に電話して25日までは大使館はオープンなること確認し安心して居ると同窓会の幹事からの電話が鳴り、もう同窓会は盛況中だとひどく呆れた声を感じた。同窓会は25日でなく23日だったのである。もうダメだ。
最初のメールが朝8時、最後のブログがよる10時半、何か考えないとダメだ。 ジャカルタは昨日大統領が予定通り決まり、噂された不穏な事件も起こらずに済んだんだって?

|

« Vihara PadumuttaタンゲランとBoen Tek Bio | トップページ | LAYANG計画の失敗 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vihara PadumuttaタンゲランとBoen Tek Bio | トップページ | LAYANG計画の失敗 »