« Benteng Heritage Museum | トップページ | チキニのホテル ダブルツリー »

2014年7月 5日 (土)

チキニはまだ頑張れるか

何か書かねばならないが、書き掛けは「チキニ散策」である。昔はメラワイのブロックMと並立した日本人の歓楽街であったが、今や1軒に減っている。名前もうろ覚えであるがお清、宝石、鹿、花くらいか思い出せない。多分ホテルがその上に建って場所の縁もなくなったのかとも思う。そう思ってチキニのホテルを上げていくと、兄弟ホテル・似たものホテルなどが多い。
00cikini_raya_jun08_4


ホテル・メンテンはI、II、IIIとあるがIIIはマトラマンで買収されBalairungという名前のムスリム向けとなっている。ソフイアン ホテルもIとIIがあったが、Iの2階に日本のカラオケ店があったが今やビールが無いことがある、こちらもムスリム向けである。ホテル・メガは近くの、この通りのデポネゴロ
通りの先にホテル・メガ・プロクラマシがある老舗である。老舗といえばガンダンディアのゴディラやマルコポーロがあるが、この辺りが何故か暗いインドネシアの時代ものである。その後建ったものではGren AlliaとAllia Hotelの兄弟ホテルと 新進Witz Hotel、Formula Iから買収したIbis Budget Hotelがあるが、この4っつ位なのである。その点ブロッグMは昔2つ4つ程度であったが今や13もありこの増加9つは全部最近の建築である。
写真はちょっとこわいホテル・メンテン・ドゥア

|

« Benteng Heritage Museum | トップページ | チキニのホテル ダブルツリー »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Benteng Heritage Museum | トップページ | チキニのホテル ダブルツリー »