« ザクロのジレンマ | トップページ | インドネシア語Risiko »

2014年7月 1日 (火)

ダーンデルス街道はどこを通る

00bogor_07_068


ボゴールのHotel Salakの前の道路は昔、Groote Postwegと言ったが今はJl. Juandaである。BandungにもこのPostwegはあったが現在の名前はAsia Afrika 道路である。これの共通点は19世紀初頭バタビアの総督ダーンデスルが起こしたジャワ北海岸の縦貫道路プロジェクトで出来た道で別名ダーンデルス道路とも言う。これはジャワ西岸のAnyerからジャワ東岸のPanarukan までの1,000kmの道路で1809年多くの徴発労務者の死亡で1年の短期に仕上げたものである。
正確に道路をたどるとAnyer – Serang- Jakarta – Bogor- Puncak – Cianjur – Cimahi – Bandung – Sumedang – Kandanghaur – Cirebon-Demak―Gresik-Surabaya―Probollingo―Panarukanである。
Jakarta 近辺を更に書くとSerang―Tangerang―Kalideres―Batavia―Jatinegara―Depok-Bogorであろうか。 なぜGroote Postwegになったかというと昔の郵便馬車のための道路を作ろうとしたためなのである。
00bandung_066


したがって昔BogorもBandungもそのままの名称を使っているのである。さすればジャカルタはどこを通ったのであろうかとの疑問が湧く。 今ジャカルタでJalan Postの名前が残っているのはいくつかあるが名の通ったのはKantor Posの裏側ぐらいであろう。そういえばDaendelsがBataviaに赴任してきた上陸地はAnyerであり彼はここからBataviaに入ってきた。このPostweg 1,000kmは実はこのBanten―Jakarta間はすでにあり補修する程度で良かったのであり、ましてBataviaの市内はいくつもありどれかをPostwegにする必要はなかったのである。(推定話)

|

« ザクロのジレンマ | トップページ | インドネシア語Risiko »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザクロのジレンマ | トップページ | インドネシア語Risiko »