« 多忙の中の観劇 | トップページ | 今日の日本 »

2014年7月14日 (月)

6月度投資環境 ランキングダウン

大統領選挙戦の中、イ国経済の危機的反省から労働生産性要向上を認識、家庭も産業も電力値上げで、予算緊縮時代へ、プロジェクト延期、労賃アップの結果減速不可避、投資先ランキングもダウン

1.企業産業ニュース
6/6  中国企業がブカシで1,000haの工業団地開発に意欲
6/9  日本の食品・飲料メーカー20社がイへ製造投資計画
6/15  国営ガルーダ航空、羽田~ジャカルタ便就航。
6/21 トヨタ・モーター、2016年の輸出目標31.4億ドル。
2.一般経済・金融情報
6/1 複線化ジャワ北海岸鉄道がジャカルタ~スラバヤ間(727km)全線開通
6/4  国家社会保障未加入なら事業許可の供与・延長・更新認めず:首都知事令。
6/6  家庭用電力料金も引き上げ7/1から。
6/11 スマートフォン利用者2012年は19%だったの が13年は23%に
6/12 国家予算で鉄道路線新設、スマトラ横断鉄道やジョグジャ電化事業など来年に
6/12 コンテナ・ハンドリング・チャージ引き上げUSD 83→USD 93
6/17 イの外国人観光客誘致目標2019年までに1,270万人目指す:観光相。
6/17 電力料金引上、予算の緊縮、労賃の大幅上昇で国内工業成長は確実に減速
6/17 4月の民間対外債務1,456億ドル、前年同期比13%もアップ、世銀が懸念。
6/23 省庁予算100兆ルピア・カット策で税金の還付ペンディングに:財務省案
6/23 労働生産性がインドネシア経済成長の安定化を損ねる:世銀エコノミスト。
6/24 UNCTADの2013年直接投資先ランキング、イは前年の15位から18位にダウン。
◎3.政治・社会情勢
6/4  JISの外国人教員20人、小学校教員の役職で幼稚園で教えていたとして強制送還へ6/4  農相が林業省通信機器導入(2007年頃)めぐり12億ルピア収賄 で証言
6/8  国軍の一機関バビンサのメンバーが有権者にプラボウォ指示を求めた疑い
6/21 首都予算損失86件、計1.54兆ルピア、教育カード、バスウエイの調達不正など
6/23 県知事選で憲法裁長官に贈賄したバンテン州知事弟に禁固5年、罰金2.5億
6/30 県知事選の司法判断めぐり収賄した憲法裁前長官に終身刑判決。

|

« 多忙の中の観劇 | トップページ | 今日の日本 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多忙の中の観劇 | トップページ | 今日の日本 »