« 陸上高速から海洋高速へ | トップページ | 日イのMICE »

2014年8月22日 (金)

7月投資環境 見苦しいインドネシア大統領選挙

7月は
失意の中の斑経済模様:経済成長を下方修正5.2%、自動車目標達成悲観、代理店契約解約敗訴、到着ビザ値上げ、電力再値上げ、しかしインドネシア企業は元気
見苦しいインドネシアの大統領選挙:敗北認めず騒乱惹起
汚職関連判決等相次ぐ:林業省設備導入、競技場建設めぐる前スポーツ相、カラワン県知事が不動産会社恐喝、イ紙幣印刷、パレンバン市長・前憲法裁長官贈賄事件、エネ相と遠隔地開発相汚職聴取

1. 企業・産業情報
7/3  ディストリビューター契約の一方的な解約と訴えられたユニリーバが敗訴
7/3  今年の自動車販売目標125万台の達成を悲観:経済情勢低迷で協会。
7/5  Advan、Ti-phone、Evercossらが国内での携帯電話組立計画、2016年60%シェアー
7/7  クラカタウ・スチール、2017年の新工場稼動でHRC年産能力約150万トン増強へ。
7/8  国営石油プルタミナと国営電力PLNが世界の500大企業にランクイン
7/10 出光興産、上場直後の石炭ミトラバラ・アディプルダナ株12%取得。
7/10 日産モーター・インドネシア、初のイ人社長就任。
7/11 専科病院投資に日中から食指:外資出資は67-70%まで 開放されている。
7/11 スマトラ縦断高速道路開発10月に開始と国営建設フタマ・カルヤ。
7/14 首都に国家脳センター病院が開業、イ初の脳神経問題集中病院。
7/15 PGNがシェールガス産業に参入へ、米のシェールガス会社株36%購入1.75億ドル。
7/17 ホンダ・プロスペクト、上期販売が過去最高記録、前年同期比68%増の82,674台。
7/17 リッポーが映画館事業に参入「シネマックス」、10年間に85都市で投資6兆ルピア。
7/22 三井情報と三井物産、リッポーのデータセンター事業に参画へ。
7/24 石炭・石炭製品の輸出を登録業者に限定:商業相令。


2.一般経済・金融情報
7/1  3月貧困人口2,828万人、貧困率11.25%:昨年9月時点よ り32万人、0.21%縮小
7/3  到着ビザ料金25ドルから35ドルに値上げ。
7/4  アウトソーシング利用規制以降3,600社ものアウトソーシング会社が倒産:協会。
7/7  6月末外貨準備高1,076.78億ドル、前月比6億ドル増:中銀(BI)。
7/19 民間銀行と金融機関に対外債務管理のリスクマネジメント強化を指示
7/21 イ経済成長予想を下方修正5.3%→5.2%:世銀。

3.政治・社会情勢
7/9  大統領選投票日、開票速報ではジョコウィ勝利、差は5ポイント程度
7/14 ゴルカル、PAN、民主党ら7党と連合結成、プラボウォが発表。
7/22 ジョコウィ当選:大統領選結果発表、得票率はジョコウィ53.15%
7/25 大統領選に不正あったと主張するプラボウォ側が憲法裁への異議申し立て。

|

« 陸上高速から海洋高速へ | トップページ | 日イのMICE »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陸上高速から海洋高速へ | トップページ | 日イのMICE »