« レバランの夜ジャカルタへ | トップページ | ジャカルタ外環道路の北と東 »

2014年8月 1日 (金)

ジャカルタ外環道路 Lingkar Luar (JORR)

Ahok副知事の高速道路計画を日本からブログにしたが実際見てみないとと思ってゴルフの帰りにちょっとよって見た。ブログではRawa Buaya当たりの写真であったがこれは随分前の写真だったとようだ。
00pulomas_kara_ciledug_198


この辺りはまだ土地が余っていると書き、そこを通るときジャカルタ寄りは開発され尽くしているがタンゲラン寄りは木々が見えたが、実際はもうそんな差はないようだ。最初にジャカルタの南のポンドクインダー(Simatupang)にこの外環道路が出来たのはだいぶ前で1995年にある程度使えるようになったが、その後はTMIIからブカシのCikunirにつながったのが2007年、00pulomas_kara_ciledug_187_2

先のRawa Buayaを通る北のPenjaringanからKembangan が2010年、Kebun Jerukから Ciledugまでが2013年末、そしてBintaroにつながるのがこの7月だったと思う。その日は結局北の方からCiledugまでを通っただけであるのでBintaro辺りはよく知らない。Cikunirからの北はCilincingまでは行くようだが、Sunterにつながるのはまだである。またCilincingからTg.Priokまでは一般道路になるようだ。運ちゃんは小生が窓を開けて写真をとっているのをお構いなし、ゆっくり行けの指示も無視、高速は高速に限ると飛ばすので、写真はだいぶ見落とした。いつものことだが又タクシーででも行くしか無い。
写真はTaman Palemのモールは、高速沿いの鉄線が斜めに飛ぶが、正面のKayu Besarの両サイドはモールが連なる。 

|

« レバランの夜ジャカルタへ | トップページ | ジャカルタ外環道路の北と東 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レバランの夜ジャカルタへ | トップページ | ジャカルタ外環道路の北と東 »