« タマン・ミニに中国公園 | トップページ | タマミニの孔子廟 »

2014年8月15日 (金)

ジャカルタ古都の再生

00erasmusf_huis_070


コタ・トァの再生事業はいくつもあるが、実際動き出しているのがJakarta Old Town Reborn (JOTR)というものでオランダ文化会館Erasmus Huisが主導している7つのプロジェクトである。その紹介展示がそのErasmus Huisで行われていたので行ってきたが今日が最後の日で、訪れたのは小生一人であった。
00erasmusf_huis_034


同時にジャカルタの子どもたちの表情を撮った写真展もやっていた。
古都再生のプロジェクトの中にはこのブログでも取り上げたCipta Niagaビル、Samudera ビル、Kerta Niagaビルがあり、他にSadeli House、Pos Jakarta、 Rumah Akarもある。
00erasmusf_huis_069


ジャカルタ地方政府と共同プロジェクトのようで且つそれぞれをインドネシア人の建築家が担当している。
写真展の印象では古い部分も残すが現代風にも使えるようエコ・グリーンの味を出しているようだ。 今日が最後だというので急ぎブログにした。

|

« タマン・ミニに中国公園 | トップページ | タマミニの孔子廟 »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマン・ミニに中国公園 | トップページ | タマミニの孔子廟 »