« クルタニアガの名前は残る | トップページ | 陸上高速から海洋高速へ »

2014年8月19日 (火)

独立記念日の前後のジャカルタ

前日はファタヒラー広場はなにか明日の催し物の準備で忙しそうな雰囲気はあったが意にも止めなかった。00pulomas_toll_pelabuhan_fatahila_u


普通当日に村々毎に子供たち用のゲーム・競技会を行うのだがファタヒラーでは前日、いわゆるパン食い競争(Makan Kelupuk)をやっていた。これは当日になると公道でやっているところもあって驚いたが、有名な滑り竹登りのパンジャット・ピナン(Panjat Pinang)はお目にかかれなかった。他には Gigit Duit(オイル塗りたまのコインを食いつく)やBalap Kalung(とうまイ袋飛び)などがある。
00541


終日ゴルフだったからだが翌日少しモナス辺りを見に行った。モナスは特に気を引くような風景ではなかった。ジャカルタ市による屋台スラムの撤去でマドラ出身者ガ多いおっさん家族総出の反対運動や00644


プラボオサポーターの集会などで騒然としている。
00590


宮殿は昨日の式典の後片付けも終わってない状態である。
00600


うちの運ちゃんは宮殿が見える場所まで来ると車線を変更しスピードもあげたので宮殿正面はこの程度となる。
00674


代わりに中銀辺りの目の覚める花の写真をお届けしよう。

|

« クルタニアガの名前は残る | トップページ | 陸上高速から海洋高速へ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クルタニアガの名前は残る | トップページ | 陸上高速から海洋高速へ »