« ファタヒラーの新憩いの場所 | トップページ | ジャカルタ首都6高速道建設へ »

2014年8月27日 (水)

ラジャワリとパデマンガン

Ancolの駅を裏側から攻略してみようと行ってみたが途中で道がなくなりギブアップした。00senen_rajawari_moi_507


その時はジャラン・インダストリからグヌン・サハリ通りの裏の小さな道に入ったのでついでにラジャワリ駅も遠望できたが、こんなに小さい駅とは思わなかった。踏切のおやじに聞いてみるとタンジュンプリオクからはジャワ方面に向かう列車は何本か有るようだがアンチョール駅からコタ駅に行く列車は運行されていない。その線路は土に埋まり住民の生活環境の中に埋もれている。ラジャワリ駅はアンチョールから来る線路とコタから来る線路の合流点であるが駅名はその小さな道路名から来ている。00senen_rajawari_moi_531


そこからアンチョールに向かう地区はPademanganという町名でその中にPandemangan小道(Gang)がびっしり詰まっておりGangの最高は31番であった。00senen_rajawari_moi_577


このGangを覗くと結構整備されており、中国人の顔も見られそれなりに落ち着いた生活を感じることが出来た。Rajawaliとは大鷲の意味であるが、ピーター・ソンダッ率いるコングロマリットのグループ名であり、 富豪怪人ハリー・タヌのTV局 RCTIのRもRajawariであり、砂糖王の流れを引く商社Rajawari Nusantaraもありインドネシア事業家の好きな名前らしい。

|

« ファタヒラーの新憩いの場所 | トップページ | ジャカルタ首都6高速道建設へ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファタヒラーの新憩いの場所 | トップページ | ジャカルタ首都6高速道建設へ »