« ジャカルタ首都6高速道建設へ | トップページ | 全日空のおもてなし »

2014年8月29日 (金)

ドゥリ駅からスカルノハッタ駅に鉄道

先週スカルノハッタ空港接続用の新駅を作るニュースがあったが、場所はシャングリラホテルの近くらしいがすぐそばにはスデイルマン駅(ドゥク・アタス駅)もあるのでわざわざという気もする。
現在ここからドゥリを通ってタンゲランまでつながっているのでそこから空港まで(バトゥ・チェペル駅とスカルノ・ハッタ空港を結ぶ12 キロメートル)が新しく鉄道敷設が必要である。新駅は来年オープンというのでその鉄道も来年同時期には完成するのであろう。
タンゲラン線は北(コタ・カンプン・バンダン)から降ってきてDuri駅でタンゲランに向かうが、南の新駅からこのDuri駅経由タンゲランに行くと言うのは後ろと前に牽引気動車を付けないと無理なような気がする.
0020140820_duli_164


0020140820_duli_167


そこでDuri駅も脚光を浴びることになる。現在ほとんどの日本人知らないこのDuri駅を見に行ったが、全くのゴミの街と言うか腐れた運河をわたって行かねばならないのでうちの運ちゃんもギブアップしたような所である。
0020140820_duli_121


目印は ラトゥメテンのSeason Cityの裏側で駅のある運河の向こう側にはこの橋で行くしか無い。 

|

« ジャカルタ首都6高速道建設へ | トップページ | 全日空のおもてなし »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

駅名が不明な方はリンク先の一番下にある路線図をご覧ください。

DuriからTengerangに行く線路は単線ですが複線分の用地がとってあります。
この線は全線電化されていますので、今のままの線路形状だとDuri駅で運転手と車掌が交代して反対方向に走ることになり時間を食うことになります。

投稿: 度欲おぢさん | 2014年8月30日 (土) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタ首都6高速道建設へ | トップページ | 全日空のおもてなし »