« ジャカルタ外環道路の北と東 | トップページ | Wijayakramaは5人目のパンゲラン? »

2014年8月 5日 (火)

外環道路は円周でつながるのか

外環道路全面開通などと大げさに報道されていたが実際はRorotan(Cilincing)からPenjaringanまでの50数キロが完全につながったというもので、89年の建設開始である。
CilincingからTg.Priokまでは建設中なることは先に書いた通りである。Tg.PriokからPenjaringanまでだと64kmでその北はどちらも海だから環としてつながってなくとも外環道路といっても良かろう。所でPenjaringanから市内に行くにはSukaruno Hatta線(Sedyatmo線)を使えばスマンギでもコタでもこれるがTanjung Puriokはそうは行かない。Tg.PriokからYos Sedarso線に乗っても湾岸道路には行けなく隣のコタに行くにはこの外環道路を1周しなければならない大無駄を演ずることになる。(一度スンター辺りで高速を降りて乗り換えれば問題ないが)しかしこれが今までの問題であったが他の資料から判読すると、前回Cilincing―Tg.Priok線がYos Seodarso線と接続すると推定したが、そうではなく多分これはTriokからAncolに行くAkses Tg.Priok線ではないだろうかと思う。現在のAncol線はJembatan Tiga からAncolと通ってSunterに行く線でPerabuhan線と言いSunterから更にCilincingに延伸されるが、このAkses Tg.Priok線やPerabuhan線の延伸はJORRに含まれるのではなく、いまひとつ外側のJORR 2 になるようだ。
このTanjung Priok ・Yos  Sudarsoは今ひとつわからない点があるので写真で復習しよう
00cacin_086


1 Cilincingを降りた所
00cacin_087


2 少しずつ高架になる
3 前回の1で左手Tg Priokの方に曲がる
4 前回高架建設中
00cacin_116


5 LPG基地辺りで 支柱の間に1本つながっているが。。
6 Cilincingからの建設道路はいつの間にか左手になり
00cacin_123


7 右手にTg. Priok港、この辺り道路の大工事中

00cacin_127


8 左手Cilincingからの高架をおりる道、右手は既に高架
00cacin_130_2


9 右手高架が伸びる
00cacin_133


10 高架が左手に折れる あれ8も左に少し曲がっていたが。。Cilincing線は下に降りたか
11 前回の最後の一葉は、高架の先に又工事中の高架が微かに見えるがこれもあれもAkses Tg Priokか   今日はレバラン大休暇の日曜日で道路は空いている。 本当は少し渋滞の方が写真を多く取れるのだが

|

« ジャカルタ外環道路の北と東 | トップページ | Wijayakramaは5人目のパンゲラン? »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタ外環道路の北と東 | トップページ | Wijayakramaは5人目のパンゲラン? »