« 外環道路は円周でつながるのか | トップページ | テルコム インドネシア »

2014年8月 7日 (木)

Wijayakramaは5人目のパンゲラン?

これもインドネシア大使館での着想であるが、VISA 担当の人は I.Gustiと言う多分バリ人であるが、この名前はバリ空港の名前になっている国家英雄のヌグラ・ライの称号に付けられているが、王族・貴族・英雄に付けられる称号であるが、それからPangeran Gustiを思い出し、それからPanngeran Wijayakusuma、Pangeran Wijayakarta、それからWijayakramaと続くのであるがこの3人はインドネシアの50ほどもある連隊のニックネームとしても採用されている。 Wijayakusumaは中部ジャワ・スマランの連隊名であり、あと2つはジャヤ師団の2つの連隊の名前にもなっており051連隊(ブカシ)がWijayakarta、052連隊(タンゲラン)がWijayakramaである。Wijaya karmaは小生のまとめた「3人のパンゲラン」には選出漏れしたので調べると彼はバンテンのスルタンの部下で本名はTubagus Sungerasa Jayawikartaでまたの名はPangeran Jayakartaと言い、或いはPangeran Jayakarta IIIとも言うとあった。
なんということもないそうすればこのWijayakartaもWijayakramaも同一人物になるのである。 IIIと言うのはあのファタヒラーをIとしてIIがRatu Bagus Angkeであるが
ファタヒラーの息子ハサヌディンはバンテン王国のスルタンになったので、バンテンの出先となったスンダクラブを治めたのは上記の3代となるのだ。彼のIbuはRatu Pembayunとでていたが彼女はハサヌディンの王女であるのでこのIBUというのは母であろうか 1619年蘭英戦争の時はイギリス軍とVOCクーン将軍に対して戦ったが
敗れたもののその子供Ahmad JaketraはPangeran Wijayakarta IVとして続いたそうだ。

|

« 外環道路は円周でつながるのか | トップページ | テルコム インドネシア »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外環道路は円周でつながるのか | トップページ | テルコム インドネシア »