« セルポンに向かうタナ・バン駅 | トップページ | 天空のメンテン »

2014年9月 3日 (水)

インドネシアのI アイの読み

この間インドネシア人がISISのことをイシスと読んだ人があり、インドネシア人にはIをアイと読むのはI amだけだと、Ideaを思い出した。インドネシア人は短くIdeと言う。
ももとも英語でもアイというのは多くはなくIsolateはmengisolasiでアイではなくイ読みである。Iceになるとesとなってしまう。その翌日街を歩いているとこんな字幕が目に飛び込んだ。
00radio_dahlan_80


Kami pedagang rakyat –Pasar Mayestik menolak keras dengan keberadaan ISIS
つまり、「我々ここマエスティック市場の商人はISISの存在を強く拒否する」と言うのであるが、インドネシア人達の国際感覚というか大きな視点を持つことに感心させられる。
ISISと言う字はよく目にするが耳に聞いたことがなく発音は知らないが 英語読みだとアイシスというそうでこれではアメリカヤ日本の企業で迷惑しているところも出てくる。
イシスだと生と死を操る強大な魔力を持つエジプトの神話の女神らしいのでどうかと思う。
どの国もこのイスラム過激派の宣言を認めていないので彼らが称する国の名前をそのまま言うのは受け入れたことになるからアイエスアイエスくらいかイズイズくらいがいいのかもしれない。
NHKでは「イラクとシリアで活動するイスラム過激派組織[1]」と読んでいる。まっとうなことだ。

|

« セルポンに向かうタナ・バン駅 | トップページ | 天空のメンテン »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルポンに向かうタナ・バン駅 | トップページ | 天空のメンテン »