« 6 LayangはJORRに接続 | トップページ | インドネシアのI アイの読み »

2014年9月 2日 (火)

セルポンに向かうタナ・バン駅

00dsc_0059


先日行ったドゥリ駅の一つ南の駅がタナー・バン駅である。 コタ駅、マンガライ駅、ジャティネガラ駅タンジュンプリオク駅は過去にブログで取り上げているので此処ではタナバン駅を見てみよう。
ジョコウイ市長になってタナバン市場の屋台群が取り除かれ皆ブロッグGという市場ビルに収容されたため小生でも、あの緑色のモールの裏側もクボン・ジャティ通りから抜けられタナバン駅に向かえることが出来るようになった。 此処は始発はジャティネガラから北に登って来てカンプング・バンダンからアンケードゥリーと降りてきて更にスディルマン・・・・マンガライから更にボゴール方面に向かうジャカルタKRLの中心を抱くような線の駅の一つでここから又セルポンの方に(最短はMaja)向かうセルポンセン線がでている。23kmで2007年に複線化された。セルポンの先目楽までは非電化・単線である。Green Lineの相性がある。ボゴールにいく方はYellow Lineである。 
00dsc_0071t


とは行っても小生の写真で見る限り緑と黄色が混在しているのではっきりしない。タナ・くシールの墓地は結構写真がうまく撮れる場所ではないかな。
00p4030149駅舎はレールをまたぐ形になっておりこれが美しい特徴である。Wikipediaで調べてもセルポン線で事故った事件とかこんな駅でもバンジールすることが度々あるとか以外目立った記述は少ない。

|

« 6 LayangはJORRに接続 | トップページ | インドネシアのI アイの読み »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6 LayangはJORRに接続 | トップページ | インドネシアのI アイの読み »