« 天空のメンテン | トップページ | ジョコウイの5つのプロジェクト »

2014年9月 5日 (金)

外環2で飛行場出迎え

Rencanajalantoljorr2


先日の高速道路網を見るとジャカルタは3重の環状高速が走っている。内環、外環、第2外環道路である。これが出来ると総延長504kmとなる由。
JORRは全面開通したので今度はJORR2を飛行場からのルートで辿ると;
Soekarno Hatta―Kunciran 15.2km 飛行場からタンゲラン高速に接続。
Kunciran-Serpong 11.2km セルポン高速に接続   来年オープン
Serpong – Cinere 10.1km 途中アンタサリ高架と接続
Cinere – Jagorawi(Cimanggis) 14.6km ジャゴラウィ高速と接続 1部開通 
Depok – Antasari (Krukut)22.8km 外環を構成せず南に向かう
Cimanggis – Cibitung 25.4km 手続き中  チカンペック高速と接続
Cibitung―Cilincing 33.9km 土地収用中 外環道路と接続
Cilincing – Tg.Priok 12.1km Akses Tanjung Priokと言う  建設中
この図を見るとDepok―Antasariは外環を構成しない事、Cilincing -Tg.PriokはAkses Tanjung Priokと言い除外すると総延長110.4kmとなる。
但しJORRはCilincingで全線開通としていたのでAkses tg.Priokは除くとこちらのJORRは総延長58.1kmとなる。
従いAkses Tg.Priokは単独でCilicing(Rorotan)からTg.Priokへ向かいそこから湾岸を更にAncolまで向かうようだ。

飛行場は始発とか終点ではなく内環高速にも接続するのでこれで完全な輪となる。この道路はほぼ完全にジャカルタの外側のタンゲランーデポック、ボゴール、ブカシの6県・市を通るので東西の物流をジャカルタを通らずに結ぶ効果もあるが郊外からジャカルタに向かう線と接続しているのでその交通流入も増加しよう。
しかしいつかはブカシ・カラワン・チカンペックの工業団地に向かう本社からの来客を市内を通らず飛行場に送り迎え出来る時代もくるのである。(それでも最低76Km)

|

« 天空のメンテン | トップページ | ジョコウイの5つのプロジェクト »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天空のメンテン | トップページ | ジョコウイの5つのプロジェクト »