« 江戸から行徳上陸 | トップページ | HomeWood、Winwood、Hardwood の不動産 »

2014年10月 2日 (木)

Nindyaビルは国営建設会社

MT Haryono通りの幽霊無人ビルのMenara Saidahをスマンギからチカンペクに向かう方向で通りすぎてOtista通りの出入口の右手にも若干似たようなビルがある。
00_nindya_dsc_0519


名前はGedung Nindyaと言うが、冗談で忍者とよんでいたので正式名を言うのは自信がないがニンディアか、これは国営建設会社の一つPT NINDYA KARYA(Persero)の本社ビルである。このKarya が付く国営建設会社は5つ位あるがそれらは全部オランダ時代の建設会社を接収した会社で今や国家公共事業をもらい景気が良さそうに見える。地図を見ていたらこの道MTハルヨノから北に折れて行くパンジャイタン道路に掛けて何故かこれらの建設業の国営企業のビルの名前を見つけた、曰くHutama Karya、Waskita Karya、Wijaya Karya 及びPT PPである。そういえばここにPPが保有するホテル ロイヤルについてはブログしたことがある。ついでにいえばあと1社Adi Karyaがある。このNindyaの目標はインドネシアのNO.5 Biggest建設会社だというのでこれら5つの会社は全部上位である。今年取った仕事はNTT州の灌漑事業である。道理で本社以外では目につかない会社である。

|

« 江戸から行徳上陸 | トップページ | HomeWood、Winwood、Hardwood の不動産 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸から行徳上陸 | トップページ | HomeWood、Winwood、Hardwood の不動産 »