« 9月の投資環境動向ニュース:未だ強気 | トップページ | 南半球のプラネタリウム »

2014年10月14日 (火)

暗雲垂れ込めたジョコウイ

避けたいことも知っていないと行けないこともあろうと重い筆を取ったが何が起こっているか断片的に書くだけである。まずは長い無意味なセッションの果てに国民協議会の議長が決まったそうだがZulkiとかいう人である。これはメラプティ組が押す前森林大臣である。選挙には勝ったが今ひとつ成長していなかった国民のため最後の一閃をなしえず徒党を組んだ連中と長いいざこざに巻き込まれるのではないだろうか
紅白組とは昔萬でP坊と呼ばれていたものを中心に6つの小党が寄り添ってできたもので、国会も国民評議会もマジョリティを奪われ大統領になる前に既に地方酋長の密会選挙法案を国会通過させ、その前には国会の議長・副議長をすべて奪われている。今日は運ちゃんの1.5週間に渡る無出勤で少し暗い気持ちでこの国の先を明るく見ることができない。

|

« 9月の投資環境動向ニュース:未だ強気 | トップページ | 南半球のプラネタリウム »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月の投資環境動向ニュース:未だ強気 | トップページ | 南半球のプラネタリウム »