« ジャカルタ沖の大防波堤はすぐそこ | トップページ | 銀座アンテナショップ オープン・ラッシュ »

2014年11月14日 (金)

10月の投資環境 愈々か

野党連合に囲まれたジョコウイ新政権勤労内閣発足(国民評議会正副議長、国会正副議長、国会各委員会正副委員長は野党に独占)、レームダックと保護主義を懸念、企業の外貨債務に対するヘッジ義務で急運、イスラムも常に社会の頭痛の種
目につく大口は
Ncicd


10/9 プルイットでの大防波堤32km建設開始宣言、蘭との共同事業、人口島建設とも
10/20 清水建設、アストラから高さ261.5mのビルの受注、180億円、2018年の完工
10/22 ソフトバンク、米セコイアなどイのネット通販トコ・ぺディアに出資。計$1億
10/29 燃料値上げ断行補償として貧困層向け支援カード配布開始、11/3から
10/30 民間企業の外貨建債務の為替リスクヘッジ、外貨資産流動化比率、BB格付け義務

その他
1. 企業・産業情報
10/1  博多一風堂、首都パシフィックプレイスにイ1号店。
10/1  向こう15年間に1万MW給電達成には年200兆ルピアの電力投資が必要
10/3  三井2社がMultipolar子会社Graha Teknologi Nusantara株35%買収。
10/7  航空運賃法定上下限見直され11月に航空運賃引き上げへ。
10/16 首都圏チカンペック高速道路料金引き上げ、10-13%。

2.一般経済・金融情報
10/1  バタムの労組は来年の最低賃金50%引き上げ要求。
10/2  最賃30%引き上げ要求:労働組合総連合(KSPI)が大統領宮殿前などデモ。
10/6  2014年成長率5.3%→5.2%:世銀、2015-16年は5.6% のまま。
10/30 ビジネス環境ランキング、イは世界189か国中114位、前年より6ランクアップ
10/9  4万年前の人類による壁画がマロス(南スラウェシ)に:ネイチャー誌。

|

« ジャカルタ沖の大防波堤はすぐそこ | トップページ | 銀座アンテナショップ オープン・ラッシュ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタ沖の大防波堤はすぐそこ | トップページ | 銀座アンテナショップ オープン・ラッシュ »