« インドネシア人が驚く日本 | トップページ | 日本晩秋の見納め »

2014年11月25日 (火)

Lohiaさんもインドネシアを選ぶ

2013年の世界億万長者のインドネシア人は日本も負かされた25人もいたがそのNO.2 に繊維産業の人がいて驚いたことがある。2014年では11位に後退していたがまだ健在である。
00dsc03871


その人はインドラマの総帥Sri Prakash Lohia (60歳)である。インドラマはタイの工場がメインでインドネシアにはIndorama Syntheticなどを保有している。
彼は北インドで1952年生まれでデーリの大学卒業後父親と共にインドネシアにスパンヤーンの製造会社P.T. Indorama Synthetics を設立した。今はインドネシア国籍を取得している。 .ポリエスター生産を開したのは1991年である。
バンコクベースのIndorama Ventureで世界18ケ国でオペレートするグローバル企業に育て 今や5百万トンのポリエスター生産は世界最大のでありペットボトルのPETは世界の1/3の需要をまかなっているそうだ。
インドネシアでのIndorama Synstheticsは上場会社でプルワカルタ工場でキャパ28万トンで製造している。6割を占めるポリエスターの他に25万錘を保有しスパンヤーンおよび織物の生産をしている。 又5年内にインドネシアに5百万ドルを投入し石油化学プラントを建設予定である  
彼は世界最大の製鉄業のMittelグループのLakshmi Mittalと義兄弟である。

|

« インドネシア人が驚く日本 | トップページ | 日本晩秋の見納め »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア人が驚く日本 | トップページ | 日本晩秋の見納め »