« 秋のピ-ヒャラお囃子神輿 | トップページ | 鉄道駅とパッサール セルポンの場合 »

2014年11月19日 (水)

マラリ事件の証言者も消えていく

10月のトピックスで清水建設が「インドネシア最高層のオフィスビル建設工事をローカル TOTAL社と特命受注した。
00astra


~アストラ・インターナショナル本社ビル~」と言う清水建設のプレスリリースがあったが、何処かなと思っていて今日初めてスディルマン通りのトヨタのショールームなることを確認して不思議な気がした。
清水建設のプレスリリーヅではこのビルは高さ261.5メートルで地上47回のインドネシアでNO.1 の高さを誇るもので受注金額は約180億円、竣工は2018年1月を予定しており、詳細は以下の通りである。
名   称 : Menara ASTRA Project
建 設 地 : ジャカルタ市内スディルマン通り
発 注 者 : PT Astra International
設 計 者 : (意匠)日建設計、AIRMAS ASRI
(構造)ARUP Singapore
(設備)MEINHARDT Indonesia
施 工 者 : 清水建設(60%)、PT Total Bangun Persada(40%)
規   模 : 地下6階、地上47階、塔屋3階
建築面積8,000m2、延床面積165,000m2
構   造 : 鉄筋コンクリート造
工   期 : 2014年9月~2018年1月


00_demolishing_toyota_tr


ここは確かに昔トヨタのショールームでもう2013年の中頃からデモリッシュが始まっていたがこのニュースと時期が合わず又敷地面積はそれほど大きくないのでそんな高層ビルが立つかと不審に思っていたものであるが、探して居るうちにここの土地の所有者トヨタアストラモーター(TAM)がアストルインターナショナルにこの土地を売却していた事実を掴んだからである。 
00_toyota_sudirman_2009


それで住所もSudiruman No.5であることも確認できた。 これが建つと、小生のジャカルタ観光案内で紹介してきた、1974年1月15日の田中首相来訪時のジャカルタデモ(マラリ事件)でそのターゲットの一つになった歴史の事実も消えて行くことになる。田中首相一行が利用した当時のプレジデントホテルも今はプルマンとなっている。

|

« 秋のピ-ヒャラお囃子神輿 | トップページ | 鉄道駅とパッサール セルポンの場合 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のピ-ヒャラお囃子神輿 | トップページ | 鉄道駅とパッサール セルポンの場合 »