« 年末最後のジャカルタへ | トップページ | マイ漢方ブーム »

2014年12月 2日 (火)

BCA TowerとGrand Indonesiaを繋ぐ

ディポネゴロ通りかヤミン通りからタムリンに出てくる時いつも巨大なビルにびっくりしてきたがそれがBCAのビルである。ここが住所としてはジャラン タムリン1番地で、Menara BCAと称するが階数は56階でインドネシア1である。高さで行くと230メートルで46階ながら262メートルの Wisma 46にかなわなく現在4位である。
Wisma 46の46はBNI 1946の46でこちらも銀行が保有している。
00bca_grand_indonesia


と言ったがこちらのBCAは正式にはBCA Tower, Grand Indonesiaというので開発保有者はGrand Indonesiaつまり先日のHartono兄弟かも知れない。そういえばそのマイブログでHartono兄弟はBCAの株も保有していると書いたがそのことの一つの裏付けにもなる。
先般Grand Indonesiaの中華レストランに行った時知り合いの方は駐車が便利なBCAからやって来たのでその時この二つのビルはつながっていることを知ったのである。写真を探して結局グランドインドネシア HIの写真となったがこれならびっくりしたと言うのはちと違う。
00bca_grand_indonesia_saban


2008年完成故既に6年、何百回となく通り過ぎた筈なのだが、ジャランサバンの低い住宅越しに見たからだろう。
最上階はレストランというのでジャカルタ1の高いレストランだ。価格でなければいいが。。
11階はプールだという。おじゃまできたらいつか行ってみよう。

|

« 年末最後のジャカルタへ | トップページ | マイ漢方ブーム »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末最後のジャカルタへ | トップページ | マイ漢方ブーム »