« ジャカルタの帝冠洋式 | トップページ | パンジャイタン通りの帝冠様式 »

2014年12月25日 (木)

New Shopping Mall ジャカルタ

0020141213_keningan_049


日刊工業新聞がこの12月23日報じたところによると“12のショッピングモールの建設進行-小売り外資の投資が加速”ということで16年までに12のモールが計画されているという。ジャカルタでは一度新規開発許可は凍結されていた筈だがと不審に思い具体的な内容を探すと同じようなタイトルのニュースが出てきたがそれはなんと2012年7月12日のものであった。Jakarta to get 12 new malls by 2014と言うタイトルでJakarta Postが報じていた。


0020141213_keningan_048
おかしなポイントのひとつは新規許可凍結は2011年のファウジ前市長時代で5,000m2以上を大型を2012年12月まで凍結すると言うものであったので新規があって不思議ではないことになる。そうすると2013年から2014年までに12モールプラス2015年から2016年までに同じく12 の合計24のモールが計画されたことになる。

0020141213_keningan_067


2014年までの物を見るとMenteng Square、Pondok Indah Mall Street Gallery、Pulomas X'venture、Kota Kasablanka、Cipinang Indah Mall、the Baywalk @Green Bay Pluit、St Moritz、Mall @The City Center、the Gateway 、Pantai Indah Kapuk Mallと10ほどの具体的名前はある。この中でKasablankaとSt, Moritzは確かに手広くオープンしたが後は知らないというかPulomasなどは未完成のママ投げ出されている。
日刊工業のニュースの中で具体的名前はマレーシアのParksonというデパートがSt.Moritzに入居すると言う内容だけで、これは新規モールではなく単に入居だけなのだが。。あのタイトルとニュースの出してとされたBisnis Indonesiaを探しても該当するものはなかった。


モールの数はジャボデタベクで260ケ所あり、内ジャカルタだけで且つモダーン・大型だけで120ケ所はあるのでもう話題となることは少ないだろう。
写真はカサブランカ通りの1kmにチプトラワールド/ロッテ、アンバサダー、クニンガンシティ、コタカサブランカと4ッツはある。

|

« ジャカルタの帝冠洋式 | トップページ | パンジャイタン通りの帝冠様式 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタの帝冠洋式 | トップページ | パンジャイタン通りの帝冠様式 »