« 病気の症状gejalaのインドネシア語 | トップページ | Gedung Juang 45 »

2014年12月 5日 (金)

タンブン駅へのアクセス

00_20141202_tambung_cibitung_311


Tambungの駅を探しに行くとき一度はGrand Wisataで高速を降りたのでCibitung迄行ってしまって失敗した話はブログにしたが今回も又トライした。チカラン高速のベカシ辺りは何故か地理的感覚がないので今回復習したが。まずはブカシに近づいて大きなモールの集団があるのがBekasi Baratのゲートである。その次がBekasi Timur ゲート、そして Grand Wisataゲートの次がYKKとMM2100のあるCibitungゲートでその次はJababeka/EJIP/LippoのあるCikarang Baratゲートなのである。そしてDelta Mas Cikarang Timur ―KIIC Karawang-―TAISEIのCimapekと抜けていく。この順序がいつも混がらがる。今回はBekasi Timirでおりて Kalimalangの運河を越えて昔の旧道Juanda通りを右におれて、名前が変わったDiponegoro 通りをどんどん行くのである。そしてこの道が更にHasanudinに変わる頃がTambun 駅のあるところである。そこの辺りを左に折れる道の先に駅があるはずで運ちゃんが折れた道は車1台がギリギリの道でその先は行き止まりながらそこになんと駅が合ったのである。更に驚くことにこの駅は取り壊し中であったのである。なぜが十字架の模様のある板にペンキでStasiun Tambunの表示がしてあった。00_20141202_tambung_cibitung_316_3
ここもパサールの中にありほとんどアクセスできないが、やはりま一つ道があるのではないだろうか
ついでに又元のHasanudinに戻りこの道が更に細切れに名前が変わりTeuk Umar通りと名前を変える所辺りで高速方面に向かうとそこがMM2100のCibitung のGateなのである。00_20141202_tambung_cibitung_380


運ちゃんはそこをやめて少し先に行くとMaspionの工場の先に高速を渡る橋があり、MM2100に入って行けた。料金なしで入れたのが不思議な気がした。

|

« 病気の症状gejalaのインドネシア語 | トップページ | Gedung Juang 45 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病気の症状gejalaのインドネシア語 | トップページ | Gedung Juang 45 »