« BCA TowerとGrand Indonesiaを繋ぐ | トップページ | 病気の症状gejalaのインドネシア語 »

2014年12月 3日 (水)

マイ漢方ブーム

00_hachimi


日本にいる時の話: マツモトキヨシの薬剤師が教えてくれた漢方薬がある。瓶の薬効を見ると「体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ」と全く小生用に開発されたのではないかと思うほどである。
00dsc_0001

友人が服用して薦めてくれた薬もなかなかなものだ。こちらの効用は虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期のための滋養強壮を目的としている。
前者が八味地黄丸で後者が麦味参である。どちらも生薬(薬用の草根木皮等)だが麦味参は参と言うから説明にあったニンジン、バクモンドウ、ゴミシの3つの植物性生薬から抽出したエキスであろうか。八味は書いてあるが聞いたこともない植物の名前が出ているのでこれだろうと思うが上げてみるとジオウ、ブクリョウ、サンシュ、ボタンビ、サンヤク、ケイヒ、タクシャ、ブシ と丁度8っつである。
漢方故即効性はないが安心感と飲みやすさもあり、東京オリンピックまでに効けばいいと思っておこう。
後はアルツハイマーなどの予防は仕事とゴルフでいいと思うが右脳の訓練の為カラオケが必要かも知れない。日本ではゴルフができないのでXperiaの万歩計を使ってみるが未だかって1万を超えたことはない。そういえばXperiaでは自転車こぎくらいの腰の動きではキャッチできない。

|

« BCA TowerとGrand Indonesiaを繋ぐ | トップページ | 病気の症状gejalaのインドネシア語 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BCA TowerとGrand Indonesiaを繋ぐ | トップページ | 病気の症状gejalaのインドネシア語 »