« New Shopping Mall ジャカルタ | トップページ | 赫々たる清水建設の歴史 »

2014年12月26日 (金)

パンジャイタン通りの帝冠様式

会社周りの帝冠様式の後考えたらもっとすごいのが沢山あることに気づいた。気づくほどに何らかの用語があるはずだが、我流で帝冠様式と呼んでいる。
00dsc_0227


最初はゴルフ行き帰りでPanjaitan通り上りにいつも見る建物で、よく看板を読むとKantor Camat Jatinegaraとある。DKIは首都であるがその下は5つのKotamadjaという市がありその下がKecamatanという郡か区がありその下にKelurahan 町と言う行政区分があるが、従いこの建物はJatinegara区役所になる。Jatinegaraは北はBekasi Cimur Raya 南は Cawangの高速道路の間で、西はCiliwung川、東はスンター川の間にあり中をWiyotowiyono高速が東西に割っている。 いつもはこの高速の西側のジャティネガラの中華市場が中心とおもっていたが、この高速より東側のほうが大きい面積を占めていたことを知った。区内は更に8つの町があり、東側がCipinangなど5つの町がある。8つの町を持つのはクバヨランバルの10に次ぐ2番めに大きな区だと思う。
00p9150179


この建物はJakarta.go.idにも取り上げられてDKIの大きさを誇る2011年建築だとは説明してもデザインなどには何も触れてない。ここで設計士に喝采を贈ろう。右側は消防署のようだ。

|

« New Shopping Mall ジャカルタ | トップページ | 赫々たる清水建設の歴史 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« New Shopping Mall ジャカルタ | トップページ | 赫々たる清水建設の歴史 »