« シンガポール政府系でもはっきり言わない不動産投資 | トップページ | No.1 プルタミナ エネルギー タワー »

2014年12月18日 (木)

The Peak Tower No.1.2.3.4

先日のSetiabudi のFraser Residenseはその後も確認が取れないが住所はSetiabudi Raya No.9 とあり、そのResidenseのサイトに確かにでているのでこれが間違いであるはずはない。スディルマン通りのChase Plazaの所で左折して入って行く道がそのはずである。Prudential_tower


少し入るとHKBPの教会があるが左手にいつの間にかPrudential Towerが立っている。00jun07_057


その写真の右下にこの教会がみえる。0020141213_keningan_137


その右側がThe Peak Towerであるが、これはTwin Towerと言われているがその二つはNo.1 とNo.2で高さが219メートルの55階建て、ランキングでは6位である。よく見るとこのコンクリートブロックにはあと二つ子供のタワーがひっついている。それにはNo.3 とNo.4 と付され共に163メートルの37階建てである。こちらの低いほうがFraser Residenceのはずである。この4つのPeak TowerはPakbuwono Residenseと同じPodomoroグループの開発である。
これらのビルの住所もすべてSetiabudi Raya No.9である。入り口はその道をその先で左折して0020141213_keningan_144


Setiabudi郡事務所(Camat)があるがその手前だったと思う。Camatあたりの道はSetiabudi Baratと言う名前になっている。
入り口を確認できてないのであのホテルに行くには不安がある。あの時運ちゃんがNo.9 はここだと民家を指し示したりしたので頭に来たこともあるが、時間もゆっくりあるのに探し当て得なかったのはサイトにあった地図のあやふやさであった。
0020141213_keningan_153


そこで少し遠景から写真を取ったわけではあるが今日これを見ると又左に見慣れぬビルがあるのに気が付いた。もう日本に戻って来たのでどうにもならない。

|

« シンガポール政府系でもはっきり言わない不動産投資 | トップページ | No.1 プルタミナ エネルギー タワー »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンガポール政府系でもはっきり言わない不動産投資 | トップページ | No.1 プルタミナ エネルギー タワー »