« Yos Sedarsoの帝冠様式 | トップページ | Bao Bao »

2015年1月23日 (金)

テンポドゥロゥのサラック 写真2葉

Collectie_tropenmuseum_gezicht_op_d


Indonesia Tempo Doeloeというサイトにボゴールのホテルベルヴュの裏側から見たサラク山の風景があった。 ボゴールはイムホフ総督時代から総督の避暑地として栄えジャカルタからオランダ人が訪れる避暑地でこのホテルの真下はチサダネ川があり遠くにサラク山がそびえている。
00bellevue_bogor_tr


この写真と全く同じところから取った写真は一度ブログに取り上げたがそれは1920年台の徳川義親公のジャガタラ紀行からの写真であった。
上の写真はオランダのTropenmuseum of the Royal Tropical Institute (KIT)の所蔵写真であるが年代が不明である。義親公の写真には右手に家があるのでその前かもしれない。写真の歴史は江戸時代に日本に入ってきたと頃から推察すると1850年台は
から相当なレベルの写真が取れるようになっていたので1900年より前としてもおかしくはない。とは言え徳川公が行かれた時、ここが名所であった時代風景を思い起こすことが出来る。
002014_bogor_68


現在はショッピングセンターに変わっている。バトゥトゥリスから降りてきて又坂を上る所であったが上り詰めても
今は建物が立て込んでいて車窓からこの風景に出会えることはなかった。


|

« Yos Sedarsoの帝冠様式 | トップページ | Bao Bao »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Yos Sedarsoの帝冠様式 | トップページ | Bao Bao »