« BPJSと経営者協会との合意 | トップページ | 独立パイオニアの建物 »

2015年1月29日 (木)

税務申告書に関する一般規則

財務大臣規則No.243/PMK.03/2014 (12月24日)というのがでている。内容は税務申告書の書式や添付すべき内容等に付いて或いは又申告書の入手、記入、署名、届けについての旧規定534KMK.04/2000や152/PMK.03/2009の規則があるが、IT技術の進歩或いは行政サービスの向上の観点から見直し合体の上再規定化するというものである。これにより上記の他
No.181/PMK.03/2007:SPTの入手、記入、署名、届け
  No.183/PMK.03/2007:SPT申告義務の例外とする特定納税者
  No.185/PMK.03/2007:SPTの受理・審査
  No.186/PMK.03/2007:申告遅れの罰則の例外とする特定納税者
が何となく取り消され再規定化されたが旧規定でも当然知られているので特別な目新しい改訂はない。知らなかった部分を含めいくつか上げると:
① 署名には通常署名とスタンプ及び電子デジタルがある。
② PPh-25のNTPNなしのもの、税額がゼロのもの、ドルで支払うものは申告が 必要
③ PPNの納付及び申告は翌月末迄。国外からの無形資産及びサービスの利用にかかるPPNも翌月末で同じ。:編集者注:納付した月に貸記申告出来る。
④ 2ケ月延期の通知はハードコピーもしくは電子文書でおこなう。
とかになる。これで又下部の総局長規則が一杯出てくるのであろうが、何が変わったのかははっきりしない。言わば法体系だけの整備ではないだろうか。

|

« BPJSと経営者協会との合意 | トップページ | 独立パイオニアの建物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BPJSと経営者協会との合意 | トップページ | 独立パイオニアの建物 »